FC2ブログ

ダービーからダービーへ

今週1頭新馬戦に1頭出走する事になりました。


クナルゲニアールなのですが、この馬は本当は2/11にデビューさせたかったとのことでしたが除外権利が無いと難しいとの事で除外権利取りに1/28の京都1600m新馬戦に登録しました。
合計34頭もの大量投票があり除外される可能性の方が高かったのですがこういう場合に限って何故か当選してしまうんですね((+_+))
仕上がり途上での出走という事でなんとか権利を取って次に繋げてほしいです。



さて今回クナルゲニアールは幸か不幸か今週出走する事になったのですが・・・
一口を始めるまではこの時期の新馬戦がこれだけ込み合うとか全く意識していなかったのですが、馬に出資する立場になると色々競馬について学ぶことも多いです。

しかし何故この時期の新馬戦はこれだけ込み合うのでしょうか?
一口DBの「一口データ研究室」という有料会員限定のコラムにデータや理由などが載っていました。
有料情報なので詳しい内容は載せられないですが要は「ダービーからダービーへ」という掛け声のもとダービーの翌週に新馬戦開催を早め更に夏場の新馬戦数を多く開催、3歳の新馬数は減らすというプログラムに変更しました。
早期出走を推奨するとの事ですがそこはやはりまだ若駒。化骨がまだ途上でソエ等の疾患が出やすいですし能力だってレースで走れるだけの力を付けた馬は限られるでしょう。夏競馬に出走する2歳を増やすにも限界があるでしょう。
多少夏競馬を使う2歳が増えたところでやはり2歳秋~3歳にかけてデビューする馬が多い訳で・・

実際夏の新馬戦フルゲートの割合は20%~30%位ですが、3歳になり新馬戦の数が減ると100%にかなり近い数字になってきます。

確かに「ダービーからダービーへ」で早期デビューを促進した影響でクラシックに出走する馬の半分近くが夏競馬にデビューした馬になってきたようですが、その割を食ったのが何らかの原因でデビューが遅れた馬という事になります。
3歳デビューでクラシックに出走するのが絶望的に近い数字になってきました。
頓挫した馬や晩成馬には辛い時代になりましたね。
その割に近年ダービーを勝った馬は古馬になると苦戦しているようですし・・・


さて話を戻してクナルゲニアールですが、本来であるならば2/11に出走したいのに込み合って出走出来そうにないから除外権を取に投票をするという事を強いられ運が悪ければ(良ければ?)出走しなければならないという・・・運悪く抽選に通ってしまったようです。


しかしこの新馬戦の込み具合ってどうなのでしょうか?
こうやって除外権利狙いで投票した馬が当選してしまうと仕上がり途上な状態での出走になってしまいます。
逆に除外が続くとピークが過ぎてしまう事もあります。
いつ出走になるか分からないからと慎重になると中途半端な仕上げしか出来ません。

これでホントにいいの?
ファンもある程度レベルの高いレースを望んでいるでしょうし、調教師も騎手も期待した馬が出走出来るかどうか分からない状態では不安でしょうし馬主や一口会員もモヤモヤじゃないでしょうか?

開催できるレース数は年間で決まっているみたいなので大幅に改善するのは難しいのでしょうけどこの状態は何とかしてほしいですね。



スポンサーサイト



コメント

はじめまして!
仰るとおりこの時期の新馬戦の混雑度はすごいですよね苦笑
冬季で芝のレースが少ないこともありますが、なかなか思うように出走できないことで生まれる悪影響は大きいと感じています
早く使えるにこしたことはないですけど、個体差もありますし、無理して早くから使うことで故障したらそれもそれで本末転倒ですもんね
多少なりとも改善されればありがたいなーと思います(´・ω・`)

Re: タイトルなし

AMANISTAさん
こんばんは、初めまして。
コメントありがとうございます。

夏の新馬戦増やして冬季の新馬戦減らすってJRAの都合であって馬本位の考え方じゃないんですよね。
無理に夏デビューして骨折してしまった馬も多いようですしホント改善を望みます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

けーいち

Author:けーいち
一口馬主はじめましたけーいちといいます。

加入クラブ
・東京サラブレッドクラブ
・シルクホースクラブ
・ロードサラブレッドオーナーズ
・キャロットクラブ


更新頻度
・気が向いたら
・募集馬のカタログが来たら


よろしくお願いいたします。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター