FC2ブログ

重賞制覇はまだまだ遠い・・・・

今週は5頭出走し土曜日の富士Sにレッドアヴァンセ、菊花賞にグローリーヴェイズが出走しました。


富士ステークス



道中はやや消極的だったでしょうか?
それでも4コーナーではいい感じで上がってきて、最後の直線も半ばまではいける!
と思ったのですが、ラスト1ハロンを過ぎたあたりから伸びが鈍って3着。
この馬はラストが甘いところがあるというか脚が一瞬しか使えないところがありますね。
休み明けも微妙に影響したでしょうか?

是が非でも賞金を加算してマイルCSに出走したいところだったのですが、3着ということで出走が厳しくなってきました。
今後どうするかは分かりませんが、現実的にはエリザベスとマイルCSの両にらみでそれでも出走出来なければキャピタルSと感じだと思いますが、個人的には福島記念なんて面白そうかな?と思っています。
直線が短い方がこの馬の長所を生かせるのではないかと・・・・でもその選択は無いかw
東サラは一応規定に引退の期限はありませんと書いていますが、6歳3月までで引退だと思われるので何とか重賞タイトルを手にしてほしいものです。


菊花賞



スタートは普通で最初の1~2ハロン位はややかかり気味だったでしょうか?
でもその後はずっと落ち着いて走る事が出来ました。
その後は少し後ろめを追走・・・ブラストワンピースをマークするような感じでした。
4コーナーでは良い感じで上がってきたので一瞬夢を見ました。
今日は現場に行っていたので最後の直線は一人なのに声を出していたですが、前の馬も止まらず5着でした。
レース上がり3ハロンのラップが12.2-10.7-11.3であの位置では流石に厳し過ぎましたね。
結果論的には位置取りが後ろ過ぎたという事なのでしょうけどこればかりは仕方ありません。
大外だったのもやはり影響したと思います。
人気を考えると大健闘の5着だったと思いますし、クラスにも目途がたったと思いますのでこれからの活躍に期待しています。


あとの馬も簡単に

ジュエルインザサンは10着
大出遅れが響きましたし出遅れたことで慌てたのか最初の2ハロン位で脚を使ってしまいました。
もう少し流れが落ち着いてから差を詰めても良かったのでは?と思いますが、あの出遅れで勝てるのはアーモンドアイ級の馬だけだと思うのでどっちにしろ厳しかったです。

ヴェロニカグレースは4着
スタートしてすぐ追っ付ていたので逃げるのは作戦だったのでしょう。
いくらスローとはいえ東京マイルを逃げ切るのは簡単では無く最後の最後にやられてしまいました。
収穫は気分よく行けたのが良かったのか掛かるところが無かったですね。
逃げるなら福島のような小回りが合うと思って11月の番組調べたら全然いい番組が無い(´;ω;`)
という訳で次走は中山希望です。

ディライトプロミスは7着
好スタートを切ったのですが、その後何故か?抑えて後ろの方に付けます。
4コーナーでは大外を回って追い上げてくるのですが、前の馬と変わらない脚しか使えず7着になりました。
このレースの騎乗に関して機会があればもう少し掘り下げても良いのですが、これは川又騎手が悪いというより日本競馬全体の問題点をよく表した騎乗だという気がします。




うーんどうも調子が上がってきません。




スポンサーサイト



一人反省会 番外編② 未勝利馬の統計的?分析

先週は4頭出走して0勝。
人気していた馬も居ただけにまたスランプに入ったのかという感じです。

秋華賞ではシルクのアーモンドアイが圧勝での3冠達成です。
出資していない悔しさをせめて馬券で・・・・と馬連・馬単・三連複はゲットしました。


さて今まで自分の出資した馬のうち3歳9月のスーパー未勝利終了時までに勝ち上がれなかった馬が25頭居るのですが、何故未勝利だったのか考える為に原因などを分析でもしてみようかと考えました。


未勝利だったのは以下の25頭(うち2頭は地方から再登録して中央勝ち)


2011産
レッドルーメン 5戦 0-0-1-0-0-4 骨折 気性× 能力▲ 3歳デビュー
エレイン 0戦 骨折2回 気性? 能力? 
ロードスパーク 7戦 0-0-0-0-0-7  気性? 能力× 

2012産
ブレーヴストーリー 1戦 0-0-0-0-1-0 疝痛 気性? 能力〇?
レッドヴィラーゴ 4戦 0-0-0-0-0-4 骨折 気性× 能力×
ロードアルティスタ 4戦 0-0-0-0-1-3 骨折 気性? 能力△
ロードグランツ 1戦 0-1-0-0-0-0 屈腱炎 気性? 能力〇
ロードヘラクレス 4戦 0-0-0-1-1-2 屈腱炎 気性? 能力▲
レッドベルダ 3戦 0-0-1-0-2-0 骨折 気性? 能力〇
ジェイポップ 10戦 0-0-0-0-1-9 気性? 能力×
トレジャーステイト 2戦 0-1-0-0-0-1 脚部不安 気性〇 能力◎ 3歳デビュー

2013産
ショットガンニング 1戦 0-0-0-0-0-1 骨折 気性? 能力? 3歳デビュー
ジーニアスダンサー 4戦 0-0-0-0-0-4 気性? 能力× 3歳デビュー
ジュメイラリーフ 6戦 0-0-2-0-1-3 屈腱炎 気性× 能力○ 
ロードセレリティ6戦 0-2-1-1-0-2 脚部不安 気性○ 能力◎ 3歳デビュー

2014産
キャノンショット 4戦 0-0-0-1-1-2 喉鳴り 気性△ 能力▲ 3歳デビュー
イノセントデイズ 1戦 0-0-0-0-0-1 骨折 気性? 能力× 3歳デビュー
パールズシャイン 3戦 0-0-1-0-0-2 骨折 気性? 能力▲ 
ロードブレイク 3戦 0-0-0-0-0-3  脚部不安 気性× 能力○ 
ブライトクォーツ 12戦 0-0-2-1-2-7 気性△ 能力○

2015産
エクストラブレンド 0戦 骨折
ケイティーズソレル 4戦 0-0-0-0-0-4 オステオコンドローマ 気性△ 能力▲ 3歳デビュー
レッドオルティス 4戦 0-0-0-0-0-4 気性× 能力×? 3歳デビュー
クナルゲニアール 2戦 0-1-0-0-1-0 事故 気性×? 能力○  3歳デビュー
レッドプリモ 6戦 0-0-1-0-3-2 脚部不安 気性? 能力○

*故障の赤字は直接の引退原因
*能力他は◎→○→▲→△→×の5段階評価
*?は不明 印の後ろの?はおそらく


まずは出走数に関して5戦以内の馬(未出走を含)が19頭と走るチャンスが少なかった馬が勝ち上がれていません。
次に故障歴ですが19頭に脚部不安などを含め故障歴があり、更に11頭が故障(アクシデント含む)が直接の原因で引退しています。
70%以上が順調さを欠いてあるいは故障により引退に追い込まれている事を考えるとやはり体質というのがいかに重要かという事だろうと思います。
地方から中央に戻って最終的に準オープンになった2頭も3歳デビューで順調さを欠いたのが3歳で勝ち上がれなかった原因でした。

次に明らかに気性に原因があったと思われる馬は5頭、それ以外で気性に問題がありそうだったのが3頭。
気性に関しては馬体を見ても目つき以外で分かり辛いので血統で判断するしか無さそうです。

能力が明らかに足りないから勝ち上がれなかった馬は6頭で、おそらく能力が足りなかったと想像できる馬が2頭。
逆に能力は足りていた馬は9頭、おそらく足りていたのではないかもしくは微妙な馬は6頭。
不明なや微妙な馬も多いのでなんとも言えませんが、能力が足りずに勝ち上がれなかった馬というのは意外に少ない印象です。

最後にデビュー時期ですが3歳デビューが10頭居ます。
上のリストには居ないですが3歳デビューで勝ち上がった馬は4頭だけですのでやはりデビューは早い方が有利です、。
ちなみに地方から出戻りで中央勝ちした馬も3歳デビューです。



まとめ
*故障等が起因で勝ち上がれず引退した馬が実は大多数。
*能力が足りずに勝ち上がれなかった馬は少数。
*気性が原因で勝ち上がれなかった馬は能力が原因の馬とほぼ同数。
*デビューが3歳だと勝ち上がり率は下がる。




以上で今年の反省会は終わりたいと思います。

一人反省会 番外編① 2012産 2013産 活躍馬

これまではスーパー未勝利終了時点で反省会をしてきました。
その時点での反省は3歳馬の運命の決まる一区切りとして最適なタイミングだとは思うのですが、3歳時点で目立たなかった勝ち上がり馬が古馬になって力を付けるケースもあります。

番外編①ではそんな馬にスポットを当てて何故出資出来なかったか考えていきます。
(反省会で振れなかった&基準は手当込みで1億円稼いだ馬とします。)


アドマイヤリッチ12(レッドソロモン)

(2013/8/15レビュー時)
関西 庄野厩舎
1400万
ノーザンファーム
3/24生まれ
ノーザンダンサーのクロス

DVDを見た時トモの筋肉の大きさというかハリというかこれはひょっとしてと思った。(何度もいいますが素人なので)
ただメイショウサムソンで上が走ってないのですぐに飛びつくのは危険か?
繋ぎが立っているのでダートか短距離かな?



26戦5勝(2018/10/10現在)
当時のレビューってこんな楽・・・いや少なかったんですね。
種牡馬とかの情報や測尺も書いていないという・・・
3歳時点で若葉Sを勝っていたのでその時点で取り上げても良かったのですけど、何故か?取り上げてませんでした。
当時トモの筋肉がって書いてますけど今馬体を見ても良い馬体だと思います。
ただ父メイショウサムソンが信じられなかった為出資出来ませんでした。
かなりお買い得だっただけに出資しておけば良かったですね。




エポカブラヴァ13(レッドゲルニカ)

(2014/8/5 レビュー時)
厩舎 藤沢和雄厩舎
募集価格 1,400万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2013.3.24生
父 カジノドライヴ
母父 ポイントギヴン
5代内クロス Relaunch 5 x 3 Mr. Prospector 4 x 5
母親年齢 9歳時
測尺 体重476 体高160 胸囲185 管囲20.6 体重/体高2.98

この時期に体高160馬体重476は大きいなあ。
かなり大型のダート馬になりそう。
この馬もサセッティほどじゃないけど繋ぎは短くて立ってる。
トモがむっちりして繋ぎが短いくて大柄なのはカジノドライヴの特徴かも。
カジノ2頭どっちかを強制的に買えと言われればこっちかな?
藤澤厩舎の控除前回収率は121% 勝ち上がり率は61%
カジノは全部藤澤厩舎にいきました。


22戦6勝(2018/10/10現在)
この馬も種牡馬が信じられなくて検討しなかった馬ですね。
一応カジノドライブ2頭の中ではこっちって言ってるんですけどねw
1400万という安い活躍馬をいかに拾えるかが今後の課題かもしれません。
馬体は今見るといかにもダートで走りそうという感じ。
実際ダート短距離を中心に活躍しています。



シルクユニバーサルの12(モンドインテロ)

(2013/9/14 レビュー時)
厩舎 手塚貴久厩舎
募集価格 5,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2012.2.7生
父 ディープインパクト
母父 ブライアンズタイム
5代内クロス ヘイルトゥリーズン4×4 

今年高騰している(らしい)ディープ産にしては安めの値段設定
馬体を素人目に見る限り悪くない・・・むしろ良さそう。
早生まれだけど尺は問題ない。
兄弟が走ってないのは気がかりだけどもしこの馬が関西馬なら出資候補の本命にしたい位
関東馬だからなあ~orz


25戦7勝(2018/10/10現在)
かなり高評価ですね。
この当時関西馬にかなり拘っていて、現6歳世代の出資馬はみんな関西馬です。
ただ無理やり関西馬にした感が強く、実際高評価の関東馬がボコボコ走ったので現在では関東関西に拘りは無くそうと努力しています。
今馬体見てもやはりバランスの良い馬だと思います。



シルキーラグーンの12(ザイディックメア) 

(2013/9/14 レビュー時)
厩舎 村山明厩舎
募集価格 2,500万円
生産牧場 ノーザンファーム 
誕生日 2012.5.2生 
父 ゼンノロブロイ
母父 ブライアンズタイム
5代内クロス ヘイルトゥリーズン4×4 ミスタープロスペクター4×5

悪くは無さそうだけど・・・上が活躍してないだけに。


28戦5勝(2018/10/10現在)
悪くないと言いつつたった1行しか触れていませんね。
それだけ関心が無かったって事でしょうか?
今馬体を見るとやっぱり普通に見えて特にトモにそれほど力があるように見えないので、ダートでこれだけ走ると予想は出来ませんでした。



タイタンクイーン の13(ストロングタイタン)

(2014/9/17 レビュー時)
厩舎 池江泰寿厩舎
募集価格 4,000万円
生産牧場 米国産 
誕生日 2013.3.22生
父 Regal Ransom
母父 ティズナウ
5代内クロス Mr. Prospector 4S × 4D × 5S,Danzig 4S × 4D,Buckpasser 5D × 5D
母親年齢 8歳時
測尺 体重516 体高155.5 胸囲184 管囲21.2 体重/体高3.32

この時期から○外募集。
馬体を見る限りいかにも走りそうな感じがする。
測尺から見てもほぼ短距離ダート馬だろうけど。
池江厩舎の控除前回収率は209% 勝ち上がり率は55%


18戦6勝(2018/10/10現在)
馬体を見る限りいかにも走りそうとか書いてますね。
何故申込すらしなかったのか不思議です。
まあ自分の記憶ではそこそこ人気していてどっちにしろ無理だった記憶もありますが・・・?
測尺からダート短距離と勝手な事を書いていますが、実際は芝中距離路線で重賞も勝っています。
適正を予測するのは難しく殆ど自分は当たってない気がします。



シーズインクルーデッド の13(ヒーズインラブ)

(2014/9/17 レビュー時)
厩舎 藤岡健一厩舎
募集価格 2,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2013.3.7生
父 ハービンジャー
母父 インクルード
5代内クロス Northern Dancer 5S × 5S
母親年齢 9歳時
測尺 体重502 体高156 胸囲182 管囲20.9 体重/体高3.22

こっちもバランスはいいけど、やや短い立ち繋ぎで重心が低くて短距離適性かも。
測尺からもやや短距離傾向が出ている感じ。
29番が人気するならこっち様子見して狙う手もあるか?
藤岡厩舎の控除前回収率は200% 勝ち上がり率は57%


19戦6勝(2018/10/10現在)
当時の評価も悪くなかったですけど繋ぎは気にしてましたね。
今馬体を見てみると同じような印象ですが、繋ぎはなんとか大丈夫そうだと感じました。
この頃はハービンジャー産駒を信用してませんでしたが今なら間違いなく出資候補ですね。
この馬は人気も無く様子見が出来たので拾わないといけない馬でした。



ジャズキャット'13(

(2014/10/24 レビュー時)
厩舎 昆 貢厩舎
募集価格 3,024万円
生産牧場 ケイアイファーム
誕生日 2013.5.2生
父 ダイワメジャー
母父 Storm Cat
5代内クロス Northern Dancer  4 x 4  Crimson Satan  4 x 5
母親年齢 16歳時
測尺 体重449 体高157 胸囲173 管囲21 体重/体高2.86

母は高齢の域。
とても綺麗なたてがみでそれだけで少し欲しくなるw
DVDでは一生懸命前脚を出して歩いてる感(どんな感じだw)
前後の幅は意外に薄いので以外に距離はもつのかも。
昆厩舎の控除前回収率は146% 勝ち上がり率は50%
一度機会があれば出資したい厩舎。


21戦4勝(2018/10/10現在)
ロードのカタログの写真の撮り方が悪いのかバランス自体は良く見えません。
ただ動きは良く、公式コメントで乗り味が良いとかおすすめとか散々言われていた記憶はあります。
実際自分も様子見して出資候補でした。だったら出資しとけって話ですよね。
ダイワメジャー産駒ですけど比較的長めの距離を使われているのでホント適正は分かりません。
ただこの馬に関しては距離が持ちそうな感じがしそうだと思っていたようです。



こうやって見てみるとやっぱり馬体の良い馬は走ってくる確率が高いという事かもしれません。

2015産(2016年度募集馬)一人反省会⑦ロード編

ロードは1頭のみの出資で一応勝ち上がりましたが・・・・

【出資馬】

レディアーディスト'15 (ロードダヴィンチ)

(2016/7/3 レビュー時)
性別 牡
厩舎 藤原英昭厩舎▲
募集価格 3,780万円
生産牧場 ケイアイファーム
誕生日 2015.2.10生
父 ロードカナロア?
母父 フレンチデピュティ○?
5代内クロス 
Mr. Prospector 9.38% 4 x 5?
Northern Dancer 6.25% 5 x 5?
母親年齢 11歳時
測尺 体重455 体高159.5 胸囲178 管囲20 体重/体高2.85
予想馬体重 490kg~530kg
母レディアーディストの子は能力はあるけど体質不安な馬が多い気がする。
母父フレンチデピュティは数多くの活躍馬を出している。
厩舎の勝ち上がり率は高いし活躍馬も多いけど何故か回収率は普通。
現時点で体高が160近くありスラッとした大型な馬になりそう。
カタログでは冬毛もっさりだけどHP画像はすごくバランスのいい馬体をしている。
踏込みも深くてロードカナロアの中だとこれが一番よさそうに見える。


(2016/7/7)
動画の動きは一番良く見えたし馬体バランスもいい。
問題は一族に体質の弱い馬が多いこと
この馬はおそらく様子見できそう?


(2016/7/10 申込時)
6月撮影のHP画像はバランスいいし、動画もトモの踏込みが深くて良さそう。
母レディアーティストは一口で初勝利をくれたデルフィーノの母でこの子を産んでから急逝したので思い入れもあります。

最後まで懸念だったのが厩舎。
藤原英昭厩舎は勝ち上がり率は高いものの、あまり数を使ってくれる厩舎ではありません。
(厩舎の?)勝率を優先する傾向があるため、あまり力の無い馬だと放置される懸念もあります。
ただ厩舎自体は一流厩舎であることは間違いなく、勝ち上がりの期待は高いです。
勝ち上がり後成績が伸び悩んだら転厩という手もあるかもしれません。

あと様子見出来るかと思ってたのですが、動画の再生回数を見るとキャサリンオブアラゴン・レディアルバローザに続いて3番目お回数で、殆どの馬の2倍以上の再生回数です。
これは早々に埋まる可能性が高いと判断し、現時点で申し込みを決めました。


6戦1勝(2018/10/9現在)
申し込んだ理由は思い入れのある血統である事と馬体バランスの良さですね。
とりあえず勝ち上がりはしましたが、個人的期待値からするとまだまだという感じです。
育成時は緩いというコメントが多く、体質も弱そうな印象です。
そのあたりはこの血統ならではという感じでしょうか?
ただ潜在能力はこんなもんじゃないと思っているので古馬になって変わってくれる事を期待しています。




【非出資馬】

この年のロード募集馬は勝ち上がり率6割と優秀ですが、大物は今のところ出現しておりません。
そんな中一応手当込みで3000万以上稼いでいる2勝以上した馬をピックアップしたいと思います。

エニーデイ'15(ロードアクシス)

(2016/10/30 レビュー時)
性別 牡
厩舎 奥村豊厩舎?
募集価格 648万円
生産牧場 オリオンファーム
誕生日 2015.3.21生
父 ブレイクランアウト×
母父 Arch?
5代内クロス 
Mr. Prospector 18.75% 3 x 4?
母親年齢 8歳時
測尺 体重435 体高151 胸囲171 管囲20 体重/体高2.88
予想馬体重 444kg~464kg
父は中央で13頭走ってして3頭勝ち上がり。
母は中央未勝利公営3勝で初仔。
母父は5頭日本でデビューして4頭が勝つ。外国の馬ではテイクオーバーターゲットがスプリンターズS制覇。
厩舎は2年目でまだこれからか・・・
馬体は背中の角度がせり上がりぎみで首が短めに見える。
動画では前の脚が外弧歩様ぎみ。
馬格はあまりない方。


10戦2勝(2018/10/9現在)
当時の評価はあまり高くないですね。
ただ今馬体を見るとまあまあバランスが良く見えます。
歩様を気にしていて実際今見ても外弧気味ですけどこの程度なら影響無いのか10戦出来ています。
まだ1000万下条件ですけど価格を考えたら十分でしょう。



レディアルバローザ'15 (オールフォーラヴ)

(2016/7/3 レビュー時)
性別 牝
厩舎 池江泰寿厩舎◎
募集価格 4,860万円
生産牧場 ケイアイファーム
誕生日 2015.3.14生
父 ディープインパクト◎
母父 キングカメハメハ◎?
5代内クロス 
The Dancer、Kazadancoa 6.25% 5 x 5?
母親年齢 8歳時
測尺 体重425 体高159 胸囲175 管囲20 体重/体高2.67
予想馬体重 460kg~500kg
母父キンカメで母の妹にキャトルフィーユが居るので血統的には期待できそう。
厩舎は名門だけど、牝馬はやや苦手な印象なのと3歳まではクラシックに拘る印象。
サイズは牝馬にしては大柄な感じ。
画像ではバランス良く見えないし、トモも薄い。
トモの踏込みも今一。
馬格はあるし血統もいいから走っても不思議じゃないけどあまり馬体を良く見せないだけに・・・・


5戦2勝(2018/10/9)
ロードと池江厩舎が揉めた原因となった馬でしょうか?
個人的な評価はあまり良くないですね。
しかし血統が良ければこんな馬体でもそこそこやれるのか・・・という感じです。
この馬に関しても完全に読み間違いです、。



ワイルドココ'15 (シグナライズ)

(2018/7/3 レビュー時)
性別 牝
厩舎 藤原英明厩舎◎
募集価格 4,860万円
生産牧場 ケイアイファーム
誕生日 2015.2.25生
父 Frankel?
母父 Shirocco?
5代内クロス 
Northern Dancer 12.50% 4 x 5 x 5?
Konigsstuhl 9.38% 4 x 5?
母親年齢 7歳時
測尺 体重471 体高156 胸囲182.5 管囲20 体重/体高3.02
予想馬体重 490kg~530kg
日本の馬場に対する適正は分からないけどフランケルだけに通用してもおかしくない。
母もそこそこ良血だし今年から始まった母馬優先制度人気するかお
問題は活躍馬の多いこの厩舎がこの馬をどう扱うか・・・
現時点でも大きいのでかなりの大型牝馬になりそう。
画像も牝馬にしてはパワーがありそうな感じ。
動画では前脚のさばきがいい感じに見える。


9戦2勝(2018/10/9現在)
こちらの方はまだ悪くない評価をしているようです。
ただ今見るとパワーが他には見えませんw
ただロード全体に言えるようですが少し馬体重を重めに見積もっているようで実際は予想より軽い馬体重の場合が多いようです。
今のところ1000万条件で入着級なのですが、値段を考えるとここは突破してもらいたいものです。




2015年度産は以上で終了です。


が、番外編としてあと2回反省会を続けたいと思います。

2015産(2016年度募集馬)一人反省会⑥キャロット編

3連休の競馬は3頭が出走して1勝惨敗2でした。
土曜日はハウナニが出走し10着。いかにも休み明けというような内容でしたね。ただ行きっぷりは悪くなかったので次走は変わってきそうな気がします。
日曜日はまず6Rにヴァンクールシルクが出走し7着。多分ズブいので長い距離を使われてるのだとは推測しますが、条件は合っていないような気がします。
9Rにレッドヴェイロンが出走し勝利しました。残り200mではダメかという感じでしたが、ラストの脚が素晴らしかったですね。個人的にはもう少し長めの距離の方が良い気はしますが・・・・


さて今日はキャロットの反省です。
2015産は2頭出資して1頭勝ち上がり、1頭は残念ながらデビュー出来ませんでした。


【出資馬】


ウルトラブレンドの15(エクストラブレンド)

(2016/8/25 レビュー時)
性別 牡
厩舎 手塚隆久厩舎○
募集価格 10,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.1.19生
父 ディープインパクト◎
母父 Richly Blended?
5代内クロス 
なし△
母親年齢 9歳時
測尺 体重438 体高155 胸囲175 管囲20.5 体重/体高2.83
予想馬体重 446kg~kg476
全姉ベアインマインドは2勝も勝ち上がりは3歳5月なので奥手の血統なのかも
母父Richly Blendedはこの母の産駒以外日本で走っていない
クロスに関しては無いよりあった方が良さそう。
厩舎はキャロットとの相性が今一
ただ今まであまり良血を預からなかったのでこの馬で結果を出すか?
馬体は正方形体形もトモの感じもバランスみいい感じ
動画もトモの踏込みが力強いし前の出もいい
ディープの中では一番動きが良く見える
ただ測尺値を見ると思ったより小さめで少しマイナス



(2016/8/30)
トモもいいしバランスも良く動きも良い。
しかし値段は高いのとやや小さ目の馬体がネック
体形からマイラーだと思われ


(2016/9/6 申込時)
ウルトラブレンドについて実は一番最初に出資を決めました。
あとは最優先を使うか一般で申し込むかだったのですが、今日の最終中間発表でもランクインしなかったので一般でも取れると判断しました。
この馬はバランスが良くボリュームがある馬体でパワーとスピードがありそうです。
背の短い体形等からおそらくマイラーだと思われます。
ノーザンファームのディープインパクト産駒は一口DBによると8割の勝ち上がりで2割弱が重賞ホースになっているという脅威の成績です。
高くてもディープには逆らえない・・・・がセオリーかもしれません。
やや小さめの馬体がネックだったのですが、ディープのマイラーを調べてみると案外460キロ前後の馬が多いのでこの測尺でも問題ないと判断しました。


未出走引退(骨折)
ノーザンファームでの育成中に管骨を複雑骨折していたという事で予後不良となってしまいました。
体は小さかったですが期待の馬だっただけに大変残念です。
その時の状況が分からないのですが、馬体や馬格・動きからこの馬がこういう結末になるとは思ってもみませんでした。
繋ぎがどうの、管囲がどうの、体重がどうの、歩様がどうので骨折のしやすさしにくさを判断をするのは難しいということでしょうか?それでも管囲やら歩様やらをまだ気にしてしまっている自分が居ます。



Teddy's Promiseの15(ディライトプロミス)

(2016/8/26 レビュー時)
性別 牝
厩舎 池添学厩舎△
募集価格 2,000万円
生産牧場 米国産
誕生日 2015.5.19生
父 Lemon Drop Kid△?
母父 Salt Lake?
5代内クロス 
Seattle Slew 18.75% 3 x 4?
Raise a Native 9.38% 4 x 5?
Northern Dancer 6.25% 5 x 5?
母親年齢 7歳時
測尺 体重414 体高151.5 胸囲169.5 管囲19.5 体重/体高2.73
予想馬体重 448kg~478kg
母は海外で29戦11勝で初仔
父は日本でまだそれほど結果を残していない
母父はアパパネなどと同じ
厩舎の主戦騎手は池添健一騎手など・・って身内やん
馬体自体はバランスがよい感じ
動きもキビキビしているけどやや前脚が内向しているかも
馬体は遅生まれでまだ成長しそう


(2016/8/30)
血統や馬体を考えればリーズナブル?
○外牝馬は手当等で不利。
母馬優先を見込んで一般で買う手はあると思う。


(2016/9/6 申込時)
最後にTeddy’s Promiseですが、これは将来(があるかないかは今後次第)の為の出資です。
競馬に使う事だけ考えると出資する馬では無いと思いますが、キャロットには母馬優先があります。
キャロットにおいて母馬優先はまさに最強ツール?ですし、当然サンデーが入っていない馬なのでサンデー系の種牡馬が付け放題になります。
でも悪い馬には見えないので競走馬としてもそこそこ楽しめる馬になるのではとひそかに期待しています。



6戦1勝(2018/10/8現在)
現時点で勝ち上がりと今のところ予定通りというか予想通りというか・・そんな感じの戦績です。
ただキャロットの「アワーブラッド」の一員に加わるにはまだ実績的に不足しているのであと2~3勝はしておきたいところですが・・・
当初はダート短距離馬という感じだったのですが、ここ数戦ダメで前走芝を試したところ良い走りをしてくれたので何とか次の目途は立ったのではないでしょうか。



【非出資馬 申込抽選ハズレ馬】


マルティンスタークの15(ショーンガウアー)

(2016/8/25 レビュー時)
性別 牡
厩舎 木村哲也厩舎△
募集価格 3,600万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.2.7生
父 オルフェーヴル?
母父 シンボリクリスエス?
5代内クロス 
ノーザンテースト 9.38% 5 x 4?
Hail to Reason 6.25% 5 x 5?
母親年齢 10歳時
測尺 体重459 体高157.5 胸囲176.5 管囲19.9 体重/体高2.91
予想馬体重 460kg~490kg
母自身は4勝で産駒は2勝馬がいる
シンクリのBMSの成績は今一だけど成績上位2頭はステゴなのでひょっとしたら相性のいい組み合わせかも
厩舎は良くも悪くも天栄仕上げ
カタログでは結構トモの目立つ馬体
動画の動きも悪くない
牡馬の平均サイズくらいにはなりそう


(2016/8/30)
キャロットのオルフェーヴルはみんな良さそうだけどこれはバランスもトモもいい感じ。
良くも悪くも天栄仕上げの厩舎をどう考えるか?

(2016/9/6 申込時)
マルティンスタークで行くかあるいは×を取るためにクルソラかヒルダーズパッションに行くか・・・
でもどうせ結果が×でもやはり行きたい馬に行った方がよいと最終的には判断しました。
母年齢は一番いい年頃ですし初仔は2勝して母として能力はそこそこありそうです。
父オルフェーヴルはあれだけの馬なので種牡馬としても大活躍すると期待しています。
種付け料が上がってからだと狙いづらくなるかもしれないので1~2年目が出資のチャンスだと考えました。
厩舎はあまり評判良くないですが堅実にリーディングは上げてます。
馬体はバランスがいいですしトモも発達しています。
動画の動きや管囲の数値が若干気になりますがそこまで気にしても仕方ないとおもって出資申し込みしました。



5戦1勝(2018/10/8現在)
この馬は最優先で申し込んで見事に落選×1をゲットしました。
最優先とはいっても一番欲しかった訳では無く一番欲しい馬は一般でも取れるからこっちを最優先にしたという感じでした。
とはいえなんとかスーパー未勝利で勝ち上がったものの期待値ほどの活躍はしてない感じですね。
デビュー2戦は芝でいいところが無く、ダートに代わってから成績が良くなりました。
確かに今馬体を見るとトモが大きくてダートっぽいような気もしますね。



【非出資馬 活躍馬】

現3歳馬のキャロット募集馬は不振と言われていて実際シルクに比べて活躍馬が少ないです。
そんな中でもOP馬が2頭居ますのでその馬を自分が募集当時どう評価したのか見てみます。


ラドラーダの15(レイエンダ)

(2016/8/25 レビュー時)
性別 牡
厩舎 藤沢和雄厩舎○
募集価格 7,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.1.30生
父 キングカメハメハ○
母父 シンボリクリスエス×
5代内クロス 
Mr. Prospector 18.75% 3 x 4△
Northern Dancer 6.25% 5 x 5▲
母親年齢 9歳時
測尺 体重470 体高155 胸囲178.5 管囲21 体重/体高3.03
予想馬体重 474kg~504kg
母は初戦度産駒からオープン馬輩出
父と母父の組み合わせは今のところ結果が出ていない
ミスプロクロスはダート傾向になりやすそう
良血を預かっている厩舎だけに勝ち上がり率はかなり高いけど・・・
とにかくトモの迫力がすごい馬体
動画では右の繋ぎが外向いているのがやや気になる


(2016/8/30)
トモがとにかく大きい。
東サラのエリモピクシーと同価格ってどう考えても割高。
ダート向きかも。あと全兄ほど人気しないかもしれない。



4戦3勝(2018/10/8現在)
デビュー戦後骨折して長期休養を余儀なくされたのですが、流石ダービー馬の全弟という事で走ってきます。
当時脚元の不安をレビューで書いていますがそれが骨折のしやすさと関係があるのか無いのかは分かりません。
レイデオロのデビュー前のレビューなので割高だなんて言ってますけど今になってみるとなんて激安なんでしょうかw
兄ほどの人気は無かったので申し込んでおけば良かったですね。



アドマイヤフッキーの15(アンフィトリテ)

(2016/8/25 レビュー時)
性別 牡
厩舎 宗像義忠厩舎△
募集価格 2,400万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.3.29生
父 ロードカナロア?
母父 フジキセキ?
5代内クロス 
In Reality 12.50% 5 x 5 x 4?
Raise a Native 6.25% 5 x 5?
母親年齢 12歳時
測尺 体重460 体高152.5 胸囲170.5 管囲19.4 体重/体高3.02
予想馬体重 470kg~510kg
母の産駒は今のところ1勝馬ばかり
母父の成績は数が多い割に活躍馬が少ない
厩舎は今年今のところリーディング3桁
こちらは前脚に違和感?繋ぎも立ぎみ
動画の動きはそれほど悪くない感じ
馬体重はこれ以上あまり大きくならない方が・・・・



3戦3勝(2018/10/8現在)
現時点でわずか3戦しか出来ていませんが3連勝となかなかの能力を見せています。
他馬に蹴られたり体質が弱かったりが使えない原因らしいですが、自分がレビュー当時に感じた脚元の不安は今のところ大丈夫のようです。
今後も脚元が心配ですが無事ならいいところまで行くかもしれませんね。
ただ今募集されてこの馬が買えるかと言われるとやっぱり怖くて買えません。
ただこの年のカナロアは結構安いですし今後カナロア産駒はこの値段で買える事は無いでしょうから、新種牡馬の収取をどうするかという判断は改めて重要だと感じました。






2015産(2016年度募集馬)一人反省会⑤ シルク(非出資馬 活躍馬)編

今日はこの年度の活躍馬で申し込みをしなかった馬について反省したいと思います。
反省会のメインという感じですね。
この年はシルクの当たり年でしたので活躍馬が多いですが一応3勝以上した馬について何故出資しなかったのか検証したいと思います。


【非出資馬 活躍馬】

フサイチパンドラの15(アーモンドアイ)

(2016/9/18 レビュー時)
性別 牝
厩舎 国枝 栄厩舎▲
募集価格 3,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.3.10生
父 ロードカナロア?
母父 サンデーサイレンス?
5代内クロス 
Nureyev 15.63% 5 x 3?
Northern Dancer 9.38% 5 x 4?
母親年齢 12歳時
測尺 体重429 体高153.5 胸囲175.5 管囲19.7 体重/体高2.79
予想馬体重 430kg~460kg
母はG1勝ちも産駒は今のところ2勝が最高
母父に関しては調べるまでも無いが・・・ただ近年母高齢化からかBMSのEI値が下がり気味
厩舎は関東の一流も過信は・・・
馬体の印象は良
動きもスムーズに動けている
馬体重は牝馬の平均サイズ位


(2016/9/26)
馬体バランスはいい
母は一応G1ホースも兄弟が今一で・・・



5戦4勝(2018/10/6現在)
何故出資しなかったんだorzorzorzorz
2016/9/26の記事で出資馬候補に挙げているだけにホント悔しいです。
馬体バランスは素晴らしい感じだったのに今になってみれば何故?って感じですけど、出資出来なかった原因は母のポテンシャルと厩舎を信用できなかった為です。
でも厩舎は一流・母も活躍馬ですからね・・・・
おそらく秋華賞も圧勝して牝馬3冠になるでしょう.。
こんな馬に出資出来る機会なんてめったにないですから、逃した魚は大きかったですorz




ツルマルワンピースの15(ブラストワンピース)


(2016/9/18 レビュー時)
性別 牡
厩舎 大竹 正博厩舎△
募集価格 2,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.4.2生
父 ハービンジャー△
母父 キングカメハメハ?
5代内クロス 
Northern Dancer 9.38% 5 x 5 x 5△
トライマイベスト、El Gran Senor 9.38% 5 x 4?
His Majesty、Graustark 6.25% 5 x 5?
母親年齢 7歳時
測尺 体重451 体高157 胸囲179 管囲20.8 体重/体高2.87
予想馬体重 470kg~500kg
母自身は3勝で初仔
父と母父の組み合わせは5頭中1頭勝ち上がり
クロスは詳しくないけどなんだか面白そう
厩舎のクラブ馬成績は平凡
馬体は直飛でごつごつした印象
動きは悪くない
馬格は理想的サイズ


(2016/12/14)
・ツルマルワンピース15(出資したい度5%)
この馬も乗り味コメントが出てますね。
厩舎はG1でも10日競馬をするので批判が強いようですがどうでしょうか?
価格は手ごろだと思います。


5戦4勝(2018/10/6現在)
募集時の個人的な評価は至って普通というか悪くない馬という感じの評価でした。
今募集当時の馬体を見てもやっぱり普通という感じです(見る目無し)
ただ価格は安いし馬格もあるので買える要素は持っていた馬だとは思います。
12月の時点で様子見候補に挙がっていますが、出資したい度は僅か5%ですのでこの時点でもかなり消極的だった事が分かります。
競争馬としてのポテンシャルは相当高いのに何故か?裏街道ローテを歩まされましたが、それでも現時点で重賞2勝ですから凄いです。



ウィルパワーの15(インディチャンプ)

(2016/9/19 レビュー時)
性別 牡
厩舎 音無 秀孝厩舎○
募集価格 3,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.2.21生
父 ステイゴールド○
母父 キングカメハメハ△?
5代内クロス 
Raise a Native 6.25% 5 x 5▲
母親年齢 8歳時
測尺 体重417 体高149.5 胸囲171 管囲19.4 体重/体高2.79
予想馬体重 430kg~460kg
母自身は4勝で2番目の仔
父を母父の組合せは1/4勝ち上がり
レイズアネイティブクロスを持つ馬は勝ち上がり率が低いもののウインプリメーラを出した
厩舎について個人的には気にしないが松若騎手をよく使うので気になる人は避けた方がいいかも
馬体はコンパクトにまとまった馬体をしている
動きは普通
馬格的には今のところあまり無いので少し成長が欲しい


6戦3勝(2018/10/6現在)
この馬も見抜けなかった1頭ですね。
バランスはいいけど馬格が無いのがネックだったのだと思います。
種牡馬も当たり外れが激しい感じだったのでそこも候補に挙がらなかった要因の一つかもしれません。
この馬を今募集されて出資出来るか・・・と言われるとやっぱり無理だと思います。(それじゃ反省にならないだろ!)
重賞でも好走した実績がある馬なのでOPくらいまでは上がるでしょうね。



アンティフォナの15(アンブロジオ )

(2016/9/18 レビュー時)
性別 牡
厩舎 菊沢 隆徳厩舎△
募集価格 1,500万円
生産牧場 白老ファーム
誕生日 2015.3.5生
父 ローズキングダム?
母父 Songandaprayer?
5代内クロス 
なし?
母親年齢 7歳時
測尺 体重412 体高156.5 胸囲169 管囲20 体重/体高2.63
予想馬体重 430kg~460kg
母自身は1勝で産駒が今年新馬戦2着
母父は9頭出走して勝ち馬2頭
厩舎は勝ち上がり率の割に回収率が高いのは安馬を多く預かっているから?
馬体は牡馬にしてはトモ薄いし弓脚?
動画では動き自体は悪くないけど華奢さが目立つ
測尺値も華奢さを表していてどこまで成長するか?



8戦3勝(2018/10/6現在)
この馬も全然見抜けなかったですね。
当時の馬体評価はトモが薄いし弓脚と最悪の評価をしていますけど、今見ると結構バランスの良い馬体をしています。
馬格があまり無い上に父が全く分からないローズキングダムという事で出資の候補に一切上がりませんでしたが、これからシルクやキャロットでは人気馬に出資出来ないでしょうからこういう馬をいかに拾えるかが生き残る?カギになりそうです。



上記4頭、自分の当時の実績は覚えてませんがおそらく全部買えた馬だった馬だと思います。
特にアーモンドアイは出資候補にまでして最後に何故か切ってるんですからアフォですよね。
ブラストワンピースは買えたどころか様子見すら出来た訳ですから見る目が・・・と言わざる負えません。


以上逃した魚でした。

2015産(2016年度募集馬)一人反省会④ シルク(非出資馬 申込馬)編

今日東サラの更新でレッドパルテールの本州移動が決定したとありました。
これで一応全馬本州に移動しました。(一頭故障でデビュー後北海道へ帰ってしまいましたが)
このまま順調にいけば全馬年内の目途がたちそうな気がしますが果たして・・・・


ではシルク反省2回目
今日は申し込んだけど外れて出資出来なかった馬です。

【非出資馬 抽選ハズレ馬】

モシーンの15(プリモシーン)

(2016/9/17 レビュー時)
性別 牝
厩舎 木村 哲也厩舎△
募集価格 5,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.4.27生
父 ディープインパクト◎
母父 Fastnet Rock?
5代内クロス 
Northern Dancer 9.38% 5 x 5 x 5○
母親年齢 7歳時
測尺 体重427 体高155.5 胸囲173.5 管囲20 体重/体高2.75
予想馬体重 448kg~478kg
母はオーストラリアで重賞6勝
母父は日本での実績はなし、父としてはブラヴィッシモを出す
ノーザンダンサーのクロスはあった方が好成績
厩舎は徐々にリーディングを上げてきているので今後に期待
馬体はディープ牝馬にしてはトモのボリュームがある
動画の動きに大きな問題点は無さそう
牝馬としては理想的な馬格


(2016/9/26)
馬体のシルエットと血統は○
動画の動きは△
現時点で250口以上の申し込みあり


(2016/10/3 申込時)
まずはディープ牝馬3頭

モシーン
サロミナ
ピラミマ

3頭とも申し込みました。
それぞれ一長一短ありますが、ノーザンのディープは8割勝ち上がり、他の種牡馬に比べ高い確率で重賞ホースになります。
牡馬はキャロで確保したので牝馬に絞り3頭とも申し込みました。
でも3頭とも中間発表で上位にランクインされているので1頭でも取れればラッキーです。
(この3頭だと個人的に1番欲しいのはモシーンかな?)



6戦3勝(2018/10/5現在)
申込時にあるようにとにかくディープ牝馬が欲しいという事で申し込みました。
馬体は申し込んだディープ牝馬の中では一番良く見えたので、3頭の中では一番欲しかったです。
もしこの年に抽優馬があったならば50%の確率でこの馬を抽優馬にしていたと思います。
(ちなみにもう50%ダイアトニック)
現時点でフェアリーS・関屋記念と重賞2勝している訳ですから外れたのが大変悔しいです。
次走は秋華賞の予定ですけど、一頭強過ぎるので勝つのはどうかと思いますけど好走はするのではと思っています。




サマーハの15(サラーブ)

(2016/9/17 レビュー時)
性別 牝
厩舎 木村 哲也厩舎△
募集価格 2,800万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.3.18生
父 ルーラーシップ?
母父 Singspiel?
5代内クロス 
Mr. Prospector 12.50% 4 x 4?
Northern Dancer 9.38% 5 x 5 x 5?
母親年齢 9歳時
測尺 体重464 体高153 胸囲178 管囲19.5 体重/体高3.03
予想馬体重 446kg~474kg
母は4勝で産駒からはモルジアナ
母父からはシンハライト等が出て全体の成績も良い
牝馬にしてはトモのボリュームがあり
動画の動きは大きくていい感じ
姉のような短距離ダートで活躍しそう


(2016/9/26)
トモに良さがありそう
ただ姉のようなダート短距離適正だと・・・


(2016/10/3 申込時)
サマーハ産駒はシルク所属のモルジアナが4勝、ザクイーンが3戦2勝です。
母のポテンシャルは高そうで馬体も良いと思います。


4戦2勝(2018/10/5現在)
募集時はトモが良くて馬体が良いと書いてますね。
血統的にも堅実な母なので堅い馬だったと思います。
骨折の為まだ4戦しかしていませんがポテンシャルの高さを感じます。
ただ募集当初自分は短距離ダートと言っていたのですが見事に中距離で走ってますね。
募集時点で適正を判断するのは難しいようです。



サロミナの15(サラキア)

(2016/9/19 レビュー時)
性別 牝
厩舎 池添 学厩舎△
募集価格 6,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.5.11生
父 ディープインパクト◎
母父 Lomitas
5代内クロス 
Northern Dancer 6.25% 5 x 5○
母親年齢 6歳時
測尺 体重452 体高155 胸囲180 管囲19.1 体重/体高2.92
予想馬体重 450kg~480kg
母は独重賞勝ち馬で2番目の仔
母父は中央で1頭しか走っておらず未勝利
ノーザンダンサークロスあり
厩舎は2年目で一年目から好成績をあげた
馬体はディープにしてはどっしりしたイメージ
動きは特に悪いところはないと思う
測尺を見ると馬体重の割に管囲が細くそこは心配


(2016/9/26)
血統はいいし馬体も悪くない
気になるのは管囲くらい
現時点で350口以上の申し込み


(2016/10/3 申込時)
まずはディープ牝馬3頭

モシーン
サロミナ
ピラミマ

3頭とも申し込みました。
それぞれ一長一短ありますが、ノーザンのディープは8割勝ち上がり、他の種牡馬に比べ高い確率で重賞ホースになります。
牡馬はキャロで確保したので牝馬に絞り3頭とも申し込みました。
でも3頭とも中間発表で上位にランクインされているので1頭でも取れればラッキーです。
(この3頭だと個人的に1番欲しいのはモシーンかな?)


6戦2勝(2016/10/5現在)
こちらも現時点で2勝した上、ローズS2着ですから現時点では合格点な戦績だと思います。
管囲が細いのが心配でしたが、思ったほど馬体が成長しなかった為、心配無用だったようです。
次走はこの馬も秋華賞との事です。
当たった人羨ましい。


ピラミマの15(ルナステラ)

(2016/9/19 レビュー時)
性別 牝
厩舎 石坂 正厩舎◎
募集価格 5,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.3.23生
父 ディープインパクト◎
母父 Unbridled's Song○
5代内クロス 
なし△
母親年齢 10歳時
測尺 体重432 体高152.5 胸囲177.5 管囲19.4 体重/体高2.83
予想馬体重 430kg~460kg
母の産駒はバンドワゴンなど堅実に勝ち上がっている
父を母父の組合せではダノンプラチナ等というか配合はそっくり
厩舎は今年オークスを制したように牝馬に強い
馬体は牝馬らしい感じのトモ
歩様は前脚が力強い感じに見えるのがどうなんだろう?
馬体重は牝馬の平均くらいになりそう


(2016/9/26)
こちらも血統は悪くない
厩舎人気もあって現時点ですでに500口を超える人気
申し込むけどおそらく出資は無理ぽ


(2016/10/3 申込時)
まずはディープ牝馬3頭

モシーン
サロミナ
ピラミマ

3頭とも申し込みました。
それぞれ一長一短ありますが、ノーザンのディープは8割勝ち上がり、他の種牡馬に比べ高い確率で重賞ホースになります。
牡馬はキャロで確保したので牝馬に絞り3頭とも申し込みました。
でも3頭とも中間発表で上位にランクインされているので1頭でも取れればラッキーです。
(この3頭だと個人的に1番欲しいのはモシーンかな?)



5戦1勝(2018/10/5現在)
この年の一番人気です。
ただ現時点の戦績は他のディープ牝馬に後れを取っていてディープ牝馬に限って言えば人気と戦績は完全に逆転しています。
人気に関しては厩舎がかなり影響しているのだとは思いますが。



レーヴドスカーの15(レーヴドリーブ )

(2016/9/20 レビュー時)
性別 牝
厩舎 高野 友和厩舎▲
募集価格 4,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.1.31生
父 オルフェーヴル?
母父 Highest Honor?
5代内クロス 
ノーザンテースト 9.38% 5 x 4?
Sir Gaylord 6.25% 5 x 5?
母親年齢 18歳時
測尺 体重455 体高155 胸囲175 管囲19.3 体重/体高2.94
予想馬体重 434kg~464kg
母は活躍馬を多数輩出し全頭勝ち上がっている
しかしシルクに来た時点で怪しいと思うのは何故だろう?
母父は57頭中央で出走して30頭勝ち上がりでこの母以外ではルルーシュを輩出
厩舎は故障が多いと言われているが?
馬体はオルフェーヴルが出ている感じだけど白いのは何?
動画の動きは悪くない・・・・
馬格も牝馬としては普通だし・・・・
この名前が募集馬に出たときは絶対地○だと思ったけどそうでも無さそう


(2016/9/26)
堅実&虚弱な血統
現時点で400口以上の申し込み


(2016/10/3 申込時)
レーヴドスカーは地○かと思いましたが、馬体も測尺もまともだったので申し込みました。
一部では価格が安すぎるとの声もありますが自分は適正価格かと思ってます。


7戦2勝(2018/10/5現在)
シルクにこの母の仔が来た時点で地雷だ地雷だと言われていましたけど、流石血統馬という感じで堅実に走ってきます。
母の産駒に体質の弱い馬が多かったのとその母自身も高齢だったのが気にはなったのですが、馬体や動きは良かったので申し込みました。
現時点で2勝というのは十分合格ラインなのですが、価格を考えると今後もっと出世して欲しいところではありますね。




あれ?
申し込んで外れた馬は全部勝ち上がっている!!
しかも5頭中4頭が2勝以上!

orz

2015産(2016年度募集馬)一人反省会③ シルク(出資馬)編

シルクは多いので出資馬・非出資馬×2の3回に分けて反省したいと思います。

まずは出資馬から
6頭中4頭が勝ち上がりました。


【出資馬】

ユキチャンの15(ハウナニ)

(2016/9/18 レビュー時)
性別 牝
厩舎 手塚 貴久厩舎○
募集価格 2,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.1.26生
父 ロードカナロア?
母父 クロフネ?
5代内クロス 
Northern Dancer 6.25% 5 x 5?
母親年齢 10歳時
測尺 体重465 体高157 胸囲177.5 管囲20 体重/体高2.96
予想馬体重 444kg~474kg
母自体は重賞勝ち馬で産駒は1勝のみ
母父のBMS成績は今のところ平凡な感じ
厩舎のクラブ馬成績は平均以上
ホントに真っ白な馬体だけどバランスは悪くないと思う
動きは普通
ユキチャンの仔だからどれだけ大きいのかと思ったけど普通の馬格だった


(2016/9/26)
白いので

(2016/10/3 申込時)
ユキチャンは正直鑑賞枠です。
でもユキチャンの仔にしては馬体重が理想的な感じなので少しは期待できそう。



2戦1勝(2018/10/4現在)
申込理由があれですよねw
馬体のバランスは悪くなかったですし馬格も理想的なのですが、母親のポテンシャルを完全に疑っていたので競争馬としての期待はそれほどでもなかったのが正直なところでした。
デビュー戦はダートで3着だった後、芝の1400mで勝ち上がりました。
しかしその後骨折が判明し1年を棒に振ってしまいました。
そんなハウナニも今週の土曜日に菜七子鞍上で復帰します。
初戦からいきなりは厳しいとは思いますがいいレースをしてほしいものです。



カリの15(クナルゲニアール)

(2016/9/19 レビュー時)
性別 牡
厩舎 藤原 英昭厩舎▲
募集価格 3,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.3.7生
父 ハーツクライ○
母父 Areion?
5代内クロス 
なし△
母親年齢 8歳時
測尺 体重486 体高154.5 胸囲178 管囲20.3 体重/体高3.15
予想馬体重 496kg~526kg
母は独重賞馬で産駒はまだ勝っていない
母父も今のところ日本での実績に乏しい
アウトブリードの重賞勝ち馬はジャスタウェイのみ
厩舎は勝ち上がり率が高いものの回収率は平均的
馬体は2つ上の兄に似て筋肉質だけど繋ぎは兄に似なくてよかった
動画の動きはいいけど右前の繋ぎを回しているのが若干気になる
馬体は500キロ超えてきそう


(2016/9/26)
案外馬体はまとも
ただディープの兄も未勝利・5代内クロスが無いなど血統面では心配

(2016/10/4 申込時)
ハーツは今年ねらい目の種牡馬なので、1頭は欲しいと思っていたのですが、他クラブの募集では条件が合わなかったり色々あって出資出来ていませんでした。

カリも兄が未勝利で(ノーザンダンサーの)クロスが5代までに無かったり(もっと遡ればあります)と不安材料があり躊躇していたのですが、馬体は兄のような欠点も無く馬格もあってこれなら大外れは無いのでは無いかと思い出資申し込みしました。


2戦0勝(未勝利引退)
新馬戦2着のあと未勝利戦5着、一旦放牧のあと次のレースに向けて調教をしていたのですが、その際ラチにぶつけてしまいその外傷が原因で引退してしまいました。
順調さを欠いてデビューが3歳になってしまったのも勝ち上がれなかった原因の一つだとは思います。
能力が足りなかったわけでは無いだけに非常に残念です。



トゥハーモニーの15(ダイアトニック)

(2016/9/20 レビュー時)
性別 牡
厩舎 安田隆行厩舎○
募集価格 4,000万円
生産牧場 酒井牧場
誕生日 2015.5.12生
父 ロードカナロア?
母父 サンデーサイレンス?
5代内クロス 
Storm Bird 12.50% 4 x 4?
Cosmah 9.38% 4 x 5?
母親年齢 15歳時
測尺 体重442 体高152 胸囲174 管囲20 体重/体高2.91
予想馬体重 480kg~510kg
母の産駒は5勝馬が居る
母と短距離馬との相性は良さそう
厩舎は短距離重賞馬を多数輩出
馬体は寝繋ぎだけど全体のバランスはいい
動きはすこし小さいかな
馬格に関しては理想的な感じになりそう


(2016/9/26)
全体的にカナロア産駒は良く見えるけどこの馬もバランス良く見える
カナロア産駒はロードで確保済みな上に値段が高め


(2016/10/3 申込時)
トゥハーモニーは個人的に馬体バランスは募集馬全部の中で一番だと思います。
動画の動き最初は少し小さいのかと思ったのですが、よく見るとそーでもなかったので申し込みました。


5戦2勝(2018/10/4現在)
この馬はとにかく静止画のバランスの良さですね。
先行募集終了後、飛節部分の骨折が判明しクーリングオフの対象となったのですが、クーリングオフしなくて正解だったと思います。
デビューは少し遅れたものの2歳ではデビュー出来ました。
そのデビュー戦で後に重賞を2勝するカンタービレに勝っているのだから能力は高いと思います。
ただまだ芯の部分が弱いのか使い込めないのとここ前走は展開が向かずまだ1000万下条件ですが、後々はオープンで活躍してくれうる馬だと思います。



メジロツボネの15(グローリーヴェイズ)

(2016/9/17 レビュー時)
性別 牡
厩舎 尾関 知人厩舎△
募集価格 7,000万円
生産牧場 レイクヴィラファーム
誕生日 2015.3.2生
父 ディープインパクト◎
母父 スウェプトオーヴァーボード?
5代内クロス 
Lyphard 9.38% 4 x 5○
母親年齢 8歳時
測尺 体重414 体高154.5 胸囲172 管囲20 体重/体高2.68
予想馬体重 430kg~460kg
メジロツボネ自身は4勝で初仔
父と母父の組み合わせサンプルは0だけどブラックタイドとの組み合わせならアスカビレンが出ている
リファールのクロスからは活躍馬多数
厩舎はまだクラブ馬での成績は良くないがリーディングは上がってきているのでそろそろ・・・
馬体はコンパクトにまとまった印象
動画では左膝の動きが気になる
測尺を見るとかなり小さく成長の余地も少なそう


(2016/11/27 見学時)
現時点で438キロ。
だいぶ幅が出て馬体重の心配はいらないんじゃないかっておっしゃってました。
この馬もハロン18まで進めているとの事です。
前向きで切れるディープという感じだそうです。
基本この馬も褒めていたのですが、担当者が違うからなのかあるいは残口が出ているからなのか?ペンカナプリンセス15よりはトーンが高くなかったですw
でも個人的にはこういう馬が走りそうな予感がします。


(2016/12/14)
・メジロツボネ15(出資したい度20%)
見学馬です。
馬体はやや小さいのですが、魅力はある馬だと思います。
血統面ではリファールのクロスがあり5代以上遡ればノーザンダンサーの血も濃いです。
今年ノーザンファーム産の募集馬は高騰したのですが、この馬はレイクヴィラファームの馬でセレクト出身なので比較的安いと思います。
もう残口が少ないので22日の検討会が終わると満口になってしまうと思われます。
出資するなら早く決断しないといけないのですが・・・


(2017/1/3 出資時)
ディープ牡馬はキャロットで1頭取ったのでもういいか・・・と思っていたのですが、どうしても気になってしまって出資してしまいました((+_+))
検討動画を見るとやはりディープらしい動きというか首をちゃんと使って柔らかく走れているように感じます。
ディープ牡馬はペンカナも居るのですが、こちらは値段が高いのでG1を勝ち負けするくらいじゃないと元は取れないと思いますのでかなりリスキーです。
関西在住なので本来なら関東馬はマイナスなのですが、シルクの場合天栄があるからなのか?関東に活躍馬が多いですし、厩舎もリーディング上位に付け信頼のおける厩舎だと思います。
地味にG3を2勝してくれるようなイメージを勝手に持っています。


5戦2勝(2018/10/4現在)
この馬は見学したり育成動画を見てるうちに良いなと思って出資しました。
まあ様子見というやつなのですけど、今年のシルクはもう4頭しか残っていないので様子見出来るうちにこういう馬に出資が出来てホントに良かったと思っています。
特にきさらぎ賞では勝ち馬に鼻差まで迫った訳ですから重賞制覇までもう少しです。
一つだけ心配なのは馬体重が少ない事ですね。古馬になって57キロを背負ったときが心配ですが、そこを克服すれば重賞も見えてくるのではないでしょうか?
次走は菊花賞との事、厳しい戦いにはなるでしょうけどあっと言わせてほしいです。



エンジェルフォールの15(ヴェロニカグレース)

(2016/9/18 レビュー時)
性別 牝
厩舎 武市 康男厩舎×
募集価格 1,500万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.2.7生
父 ハービンジャー△
母父 ジャングルポケット○?
5代内クロス 
Northern Dancer 12.50% 5 x 5 x 5 x 5△
母親年齢 6歳時
測尺 体重443 体高156 胸囲177.5 管囲21 体重/体高2.84
予想馬体重 434kg~464kg
母はトールポピーやアヴェンチュラの全妹
父と母父の組み合わせは2/2勝ち上がり
ノーザンダンサークロスは今のところない方が好成績
厩舎は今のところ成績低迷
トモが薄い印象だけど牝馬だから問題ないと思う
動画では右前に少し違和感
馬格は牝馬の平均的


(2016/1/26)
長いので下記URL参照
http://keiiti33.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

(2017/5/16 申込時)
この馬に関しては以前の記事
で気になっていると書いたのですが、その後の様子見を経て意外にも5月末に入厩予定との更新があったので申し込みしました。
順調で心配された体質も大丈夫そうです。
馬格もあって血統も良いのでそこそこは走ってくれるんじゃないでしょうか。


7戦2勝(2018/10/4現在)
この馬も様子見して出資しました。
調教動画の動きを見て出資できるのはホント助かりますね。
シルクの場合もう二度とこんな馬を拾う事は不可能な状態ですから・・・という事は今後は募集時の情報だけで判断しないといけない訳で難しくなりそうです。
この馬の戦績ですが、デビュー戦3着の後2戦目で快勝。次は後の重賞馬に対してチグハグなレースだったものの2着に入りクラシック出走も期待したのですが、残念ながら叶いませんでした。
このところのレースでは引っかかるところが多くなってきてそういう部分の矯正は必要なのかなと感じます。
この馬も能力はあると思うので上のクラスまで行ってほしいですね。



ケイティーズベストの15(ケイティーズソレル)

(2016/9/19 レビュー時)
性別 牝
厩舎 角田 晃一厩舎△
募集価格 2,200万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.1.20生
父 ハーツクライ○
母父 ファルブラヴ?
5代内クロス 
Northern Dancer 9.38% 5 x 4○
Nearctic 6.25% 5 x 5▲
母親年齢 10歳時
測尺 体重432 体高153 胸囲176 管囲19.3 体重/体高2.82
予想馬体重 412kg~442kg
母は未勝利で産駒も今のところ未勝利
父を母父の組合せは1頭のみで未勝利
ノーザンダンサークロスは持っている
カタログを見ると距離適性長いになっているけど馬体を見ると逆のような気もする
動画を見ると踏み込みはしっかりしているし前も良く出ていると思う
ただ馬格に関してはこれ以上大きくならない感じ

(2016/9/26)
動きは悪くない
ただ上が未勝利で・・・


(2016/12/14)
・ケイティーズベスト15(出資したい度10%)
ハーツ牝馬で馬体自体は悪くないと思います。
母自身やその産駒が中央で勝ってなかったのですが、先週勝馬が出ました。
コメントから気は強そうです。


(2017/4/8 申込時)
この馬は募集時から個人的評価が高かった馬なのですが、世間的には人気せず(-_-;)
実は2月の時点でこの馬には申し込む事をほぼ決めていましたが、この時期まで残口がまだあるのでじっくりと様子見することが出来ました。

馬体こそやや小さめなものの気にするほどでもなく、坂路の動きが良く見えコメントなんかも良いコメントが続いています。
大きなところを期待できるか・・・といえば?が付きますが、ハーツ産駒ですし堅実な馬だと思います。
残口が100口未満となり最新のコメントで「移動に備えたい」との文言があったので、具体的な移動が発表されれば一気に残口が無くなる可能性もあるので申し込んでおくことにしました。


4戦0勝(未勝利引退)
この世代のシルクで唯一全くいいところが無かった馬です。
募集当初から高評価・・・特に動きに関しては高評価でした。
この馬も含めてですが、自分は募集時の動画(ウオーキング)を見る目が殆ど無い事がはっきりしました。
レースではスタートが下手で道中も行きっぷりが悪く追っ付けどうしの場合が多く・・・一応最後までバテないので直線では数頭交わしてゴールするのですけどね。
芝のレースではいずれも上がり3ハロンは最速でした。
レッドオルティスのところでも触れたのですがハーツ産駒の気性は難しいです。
この母の産駒も活躍馬が居ませんしそういう部分も難しかったのかもしれません。
あとオステオコンドローマでデビューが遅れたのも痛かったです。
ネット競馬等では調教師のせいにする?コメントが多いような感じです。
確かに今後この調教師に出資したいかと言えばNOかもしれません。
ただこの馬の場合どの調教師にお願いしたとしても結果は変わらなかったのではないでしょうか?



反省も疲れるし時間かかるなぁ・・・・

2015産(2016年度募集馬)一人反省会② 東サラ編

反省会2回目東サラ編です。
この世代の東サラ馬は前回の記事の通り4頭中2頭が勝ち上がりました。

【出資馬 4頭】

エリモピクシー15(レッドヴェイロン)

(2016/7/26 レビュー時)
性別 牡
厩舎 石坂正厩舎○
募集価格 7,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.4.21生
父 キングカメハメハ○
母父 ダンシングブレーヴ○
5代内クロス 
Northern Dancer 12.50% 5 x 5 x 4▲
母親年齢 17歳時
測尺 体重430 体高152 胸囲169 管囲20.3 体重/体高2.83
予想馬体重 470kg~510kg
母は名繁殖牝馬だけど高齢の域に・・・
父と母父の相性は良さそうだけどオープン馬はダート馬か障害馬
馬格に関しては全く問題なし。
石坂正厩舎の成績はいいけど個人的相性は最悪。
カタログ写真では頭の高さだけが気になる。
動画の印象も同じ。


(2016/7/28)
・血統は最高レベル
・馬体は走るキンカメっぽい
・動画の動きも良
・価格は当然高い

馬体は頭の高さだけ気になるけど小さな問題かも。それよりもこの価格が出せるかどうかが問題。抽選は確実。


(2016/7/30 申込時)
エリモピクシーは上のアヴァンセや無くなったベルダにも出資しているっていうのもありますが、血統的にも馬体的にも一番期待できると判断しました。
頭が高いことをずっと気にしてましたが、古くはテンポイント(現役時代しらね)最近ではジェンティルドンナやゴールドシップも頭の高い馬だったので頭が高くて走る馬はいっぱいいます。
万一ダート馬になっても重賞ホースだったら関係ないと思っています。



8戦2勝(2018/10/3現在)
最優先で申し込んだ馬です。
まだ1000万下条件なものの春はアーリントンC3着、NHKマイルカップ3着とこの世代で一番活躍しました。
特にNHKマイルカップはタイム差なしの3着というかなり惜しい結果でした。
流石エリモピクシーという感じです。
ただ未勝利戦は圧勝だったものの500万下は僅差勝ち、未勝利脱出にも5戦を要したように勝ち身に遅いというか相手なりに走ってしまう部分があるようです。
募集時は頭の高さだけが気になっていましたが、他は完璧に近かったのであまり気にする事は無かったですね。
これから最も期待できる1頭だと思います。



アドマイヤエレノア15(レッドプリモ)

(2016/7/26 レビュー時)
性別 牝
厩舎 友道康夫厩舎○
募集価格 1,600万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.4.4生
父 ルーラーシップ?
母父 ディープインパクト?
5代内クロス 
Mr. Prospector 9.38% 4 x 5?
母親年齢 7歳時
測尺 体重393 体高152.5 胸囲165.5 管囲19.9 体重/体高2.58
予想馬体重 410kg~450kg
母は1勝で繁殖入り。
父と母父の組み合わせは今後かなり多くなる可能性があるので注目。
馬体はいまのところ小さめ。
厩舎成績は高値安定傾向。
馬体のバランス自体は悪くなさそう。
動画を見るとトモの踏み込みもしっかりしているし前脚も良く出ている。
動画だけだと一番良く見える。


(2016/7/28)
・馬体バランス良
・動きは一番良く見える
・現状やや小さい

この馬の場合やはり馬体重・・・遅生まれだし致命的に軽いって事は無いと思う。


(2016/7/30 申込時)
もう一頭アドマイヤエレノアの方はカタログと動画を見てほぼ即決でした。
体が現時点では小さいですが、遅生まれですし牝馬の平均サイズくらいにはなると思ってます。
(レビューでデビュー時馬体重予想を全体的に小さく見積もってしまいました・・・この馬はそれより+10くらい成長すると思います。)
動きはしっかりしているしバランスも良いし価格は手ごろです。
穴人気しそうな雰囲気なので先行で確実に取っておきたいと思います。


6戦0勝(未勝利引退)
この馬の場合誤算だったのは新馬戦の後、球節の不安が長引いた事、そしてレースをするたびにズブさや出遅れが目立ち始めた事ですかね。
馬体重が軽いのはある程度想定内だったのですがやはり不利であることには変わりなかったです。
とは言っても能力より他の部分の要素が勝ち上がれなかった大きな原因だと思いますのでそういう部分の見極めの難しさを感じます。



レッドファンタジア15(レッドベルローズ)

(2016/7/25 レビュー時)
性別 牝
厩舎 鹿戸雄一厩舎○
募集価格 3,800万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.2.28生
父 ディープインパクト◎
母父 Unbridled's Song○?
5代内クロス 
Northern Dancer 6.25% 5 x 5○
母親年齢 5歳時
測尺 体重410 体高151 胸囲171 管囲19 体重/体高2.72
予想馬体重 410kg~450kg
母は未勝利で初仔。
この母父との組み合わせは少ないもののダノンプラチナやサイレントソニックが出ているので相性は良さそう。
鹿戸雄一厩舎はリーディング中位もクラブ馬との相性よし。
馬体重はやや小さめ~標準くらい?管囲が若干細目。
写真ではカタログに書いてあるとおり背中のラインとかトモの薄さが気になる。
動画では前脚の感じはいいしトモも踏み込めているけどどことなくぎこちない気がする。


(2016/11/28 牧場見学時)
現時点で447キロと募集時よりかなり成長してきました。
意識的に食べさせているそうですが、普通に食べてくれるそうです。
ハロン17~18位で乗っています。
ディープらしい軽さとしなやかさがあるとの事。
顔がシュッとして多分美人さんです。
キャロットやシルクだったらとっくに満口なのに残口があるのが東サラらしいというか・・・
ディープの牝馬が欲しいのですが現時点では出資に一番近い?です。


(2016/12/2 申込時)
申し込んだ理由としましてはまずディープ牝馬であること!

今年の出資馬を振り返ってみると、牡馬5頭・牝馬3頭で牡馬優勢。
その牝馬3頭のうち一頭は繁殖牝馬としての価値を含めて勝った馬が1頭(テディープロミス15)
白毛に出資したいから買った馬が1頭(ユキチャン15)
純粋に競争能力を見込んで出資した馬はアドマイヤエレノア15しか居ませんし、そのアドマイヤエレノアも馬代回収ならともかく重賞とか大きいところを夢見るというとそこまでは荷が重い気がします(と言っても走ってみなければ分かりませんが)

そこで回収率よりも大きいところを期待出来そうな血統の牝馬をまず補強したいと考え、現在余ってるディープ牝馬に狙いを定めていました。
となると東サラで残っている3頭(レッドガナドーラ・レッドファンタジア・レッドヴァージン)が候補となります。
3頭ともディープ牝馬としては他クラブより安く3頭とも出資したい気分なのですがお金には限りがあります(^^;

そこで3頭を比較するとまず馬格ではレッドガナドーラやレッドヴァージンに分がありましたが、ここのところファンタジアも馬体を増やしてきているのでそういう意味での心配も少なくなってきました。

血統面は全く分かりませんがレッドファンタジア15は相性の良さそうな組み合わせですし、他の2頭には劣ってないと思います。

厩舎は他の2頭は厩舎はクラブ馬で結果があまり出ない厩舎で心配ですし、生産・育成ではノーザンファームに分があると思います。

先日レッドファンタジア15を見学させてもらったのですが、その時の感触も良かったので出資しようと思っていました。
11月末のコメントが更新されると「満口間近」の表示が点灯したので出資申し込みしました。


6戦2勝(2018/10/3現在)
この馬は募集当初全く出資する気0だったのですが、シルクで欲しかったディープ牝馬を取る事が出来なかったので再度検討する中浮上した1頭です。
出資した理由としてはノーザンファーム生産・育成というのが大きかったですね。
この馬は新馬勝ちの後、フェアリーS3着でミモザ賞(500万下)を勝ったのですが、G1出走は叶いませんでした。
フローラSでは直線半ばまで良い感じだったのですが最後失速したので距離はマイルあたりが良さそうな感じがします。



マンボスルー15(レッドオルティス)

(2016/7/26 レビュー時)
性別 牝
厩舎 音無英孝厩舎◎
募集価格 1,600万円
生産牧場 社台ファーム
誕生日 2015.3.4生
父 ハーツクライ○
母父 Kingmambo▲
5代内クロス 
Northern Dancer 6.25% 5 x 5◎
母親年齢 14歳時
測尺 体重425 体高154.5 胸囲168.5 管囲19.7 体重/体高2.75
予想馬体重 440kg~470kg
母は米G3勝ち馬
母父キングマンボとの組み合わせ相性は普通。
相性のいいノーザンダンサークロスあり。
馬体重は牝馬の平均くらいにはなりそう。
厩舎の成績は最高レベル、ただし個人的には気にしないけど自厩舎所属騎手によく依頼するので気にする人はNGかも。
馬体は牝馬らしく悪くない感じ。
動画を見るとカタログでいうほどの踏込みかな?
むしろ前脚のさばきの方が目立つような・・・・


(2016/7/28)
・ハーツ牝馬
・馬体バランスはいい
・前脚の動きはいい

ハーツの中では一番良く見えた。ただ様子見できそう。


(2016/12/14)
・マンボスルー15(出資したい度20%)
この馬もハーツ牝馬です。
こちらは馬格の心配はなさそうです。
兄に去勢馬が多いので気性はかなり心配です。

(2017/2/18 申込時)
申し込んだ理由はまずハーツクライ産駒だということ・・・
まあハーツなら何でもいいって訳じゃないけど、今年の2歳はハーツがねらい目だと思っていたので積極的に買いたかったというのが理由の一つです。
馬体重の心配は無さそうで馬体やコメントも良さそうですし、動画の動きなんかを見ると力強さはまだ足りないけど重心と首の低い好みの走り方をしています。
そして1600万という値段は格安です。ノーザンファーム生産の馬ならこの安さ何かある・・・・と勘繰りを入れるのですが、今年の東サラに入ってる社台ファーム牝馬は全体的に安いので気にする必要は無いどころか買いだと思います。
厩舎は牝馬より牡馬にやや得意そうなイメージがあるものの一流厩舎の一つですし、個人的には松若騎手が乗る事は全く気になりません。
懸念だった気性面も問題無さそうなので出資を決めました。


4戦0勝(未勝利引退)
うーん・・・・
この馬に関しては気性が全くダメで前向きさがあまりにも無かったですね。
能力が足りてたのか足りてなかったのかすら判断が付かない位走る気が全くなかった感じでした。
この頃ハーツクライという種牡馬に関して堅実性の高い種牡馬だと思っていたのですが、自分の出資したハーツ産駒の殆どが気性に問題ありでした。
この馬の母の産駒はみな去勢されているのでそういう部分にもっと気を付けなければいけなかったと大いに反省をしております。
コメントの気性に問題はない・・・はあてにならないですねw





【非出資馬】

この世代で東サラの重賞勝ち馬は居ないのですが、その中で現時点で2勝している2頭を取り上げたいと思います。

サクラサクⅡ(レッドサクヤ)
(2016/7/26 レビュー時)
性別 牝
厩舎 藤原英明厩舎▲
募集価格 3,200万円
生産牧場 社台ファーム
誕生日 2015.2.11生
父 ディープインパクト◎
母父 デインヒル○
5代内クロス 
Northern Dancer 12.50% 5 x 4 x 5○
Natalma 6.25% 5 x 5◎
母親年齢 18歳時
測尺 体重461 体高156 胸囲178 管囲19.7 体重/体高2.96
予想馬体重 460kg~500kg
デインヒルとの間には平地で大物は出ていないものの堅実。
但しNatalmaのクロスが母方にある馬の成績はかなりいい。
牝馬にしては大きさがあって安心感はある。
藤原英昭厩舎は勝率重視。
カタログ画像は胴が短く正方形体形。
動画も普通に動けている。
問題はこの価格をどう見るか?


(2016/7/28)
・兄弟活躍馬多数
・馬体バランス普通
・動画普通
・藤原厩舎

馬体・動きともに特に大きな欠点があるとは思わないけど何故この値段なのかが一番引っかかる。藤原英昭厩舎と東サラの相性も最悪レベル。地雷覚悟で突撃するかそれとも自重するか?


6戦2勝(2018/10/3現在)
この馬に関して申し込みを迷ったのですが割安な価格を変に警戒してしまいましたw
まあもっともこの馬は一般枠でかなり厳しい抽選だったと記憶していますので、エリモピクシーに最優先を使った時点で出資は難しかったと思います。
残念ながら脚元の不安で秋華賞に出れないようですが、屈腱炎では無いようなので戻って来れば活躍してくれるのではないでしょうか。



エンプレスティアラ15(レッドレグナント)

(2016/7/25 レビュー時)
性別 牝
厩舎 大竹正博厩舎△
募集価格 2,000万円
生産牧場 ノーザンファーム
誕生日 2015.2.3生
父 ロードカナロア?
母父 クロフネ?
5代内クロス 
Mr. Prospector 12.50% 4 x 4?
母親年齢 11歳時
測尺 体重443 体高153 胸囲178 管囲19.8 体重/体高2.90
予想馬体重 450kg~480kg
ロードカナロア初年度産駒だけどロードに比べると安く感じる。
母はゴールドティアラとクロフネの子なのでダート向きかも。
馬格には問題無さそう。
厩舎は他クラブで活躍馬を預かっているけど全体では平凡。
カタログを見るとやや頭が高いのが気になるけどトモのボリュームがある。
この馬も動き悪くないなぁ。


(2016/11/28 見学時)
カメラが嫌いなのか向いてくれませんw
現時点で480キロと意外に?大きくなりました。
この馬もハロン17~18で乗られています。
背中が広くて良いとの事。
背中が広い??あまり背中の広さについて知識が無かったので聞いてみると、背中が広いと筋肉が付くので良い背中になるのだとか・・・
あとしっかりしていて気性はおだやかで完成度が高いとの事でした。
距離はマイル?と聞いてみたところ、北海道開催の2歳戦で短いところから使っていきたいと・・・目標は函館2歳?


(2016/12/14)
・エンプレスティアラ15(出資したい度25%)
先日見学した馬です。
馬体もいいし馬格もある。
今のところコメントもいいし早期デビューできそう。
本来ならばもっと出資したい度が上がるのですが、今年はロードカナロア産駒に3頭出資しています。
正直カナロアはお腹いっぱい状態ですw
それでも走ると確信すれば出資したいのですが・・・・


8戦2勝(2018/10/3現在)
この馬は見学をして申し込まなかった馬です。
理由はロードカナロア産駒に3頭出資したからもーいらないって感じでしたが、今思えば何でそんな事に拘ったのだろう?と思います。
例え全出資馬が同じ種牡馬になっても勝ち上がる方が良いに決まってますw
もう今後ノーザンファームのロードカナロア産駒がこんな安値で出資できる機会は無いでしょうね。
惜しいことをしたと思います。



次回はシルク

2015産(2016年度募集馬)一人反省会① 総評

今日台風で2日遅れた阪神競馬が行われ、ケイティーズソレルがスーパー未勝利に出走しました。
結果は9着・・・そしてサラブレッドオークションという形だったのですが個々の馬に関しては後日反省するとして、今日でスーパー未勝が終了しましたので全体の反省から始めたいと思います。


各クラブの勝ち上がり率と全体の勝ち上がり率から

東サラ
勝ち上がり2頭/出資4頭=勝ち上がり率50%


シルク
勝ち上がり4頭/出資6頭=勝ち上がり率66.7%

キャロット
勝ち上がり1頭/出資2頭=勝ち上がり率50%(1頭は未出走引退)

ロード
勝ち上がり1頭/出資1頭=勝ち上がり率100%


全体
勝ち上がり8頭/出資13頭=勝ち上がり率61.5%


(2014産 5頭/10頭 勝ち上がり率50%  未勝利馬が現役)
(2013産 7頭/11頭 勝ち上がり率63.6% 後1頭が地方から中央へ出戻り)
(2014産 4頭/12頭 勝ち上がり率33.3% 後1頭が地方から中央へ出戻り)


東サラは2年連続勝ち上がり率100%だったのですが今年は未勝利が2頭出てしまいました。
あとシルクで2頭未勝利、キャロットは期待の1億馬が故障で出走が叶いませんでした。

全体で見ると昨年の勝ち上がり率は上回ったものの、一昨年の勝ち上がり率は下回ってしまいました。
2歳戦終了時には過去最高の勝ち上がり率になると思っていたのですが、その後不幸他あり春以降勝ち上がれなかったのが痛かったです。
今年は未勝利の格上挑戦も地方から中央へ再登録を目指す馬も居ませんから厳しいですね。

ただこの世代は現時点で2勝以上した馬が5頭も居ますし、もう少しで重賞に手が・・・いや鼻が届きそうでした。
この世代は個人の中では最高の世代だと思っていますので重賞制覇に向けて頑張ってほしいです。


個々の馬は明日以降。

プロフィール

けーいち

Author:けーいち
一口馬主はじめましたけーいちといいます。

加入クラブ
・東京サラブレッドクラブ
・シルクホースクラブ
・ロードサラブレッドオーナーズ
・キャロットクラブ


更新頻度
・気が向いたら
・募集馬のカタログが来たら


よろしくお願いいたします。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター