FC2ブログ

今年から最優先を作るらしいけど・・・

先週の出走は1頭のみ。
しかしその1頭のダイアトニックが楽勝で2勝目をあげました!
期待馬だけに500万なんて通過点かもしれませんが、勝ててほっとしています。

5月は出資馬が頑張ってくれて一口を始めてから一番賞金を稼いだ月になりました。
(手当を含め1億を突破)
毎月これくらい稼げるとプラスになるんだけど・・・・


さて土曜日あたりからTwitterやら某掲示板やら他の人のブログで、シルクについて今年の募集から最優先を導入という情報がチラホラ・・・・最優先を導入ことに対して好意的な意見が多いようです。

自分にもやっと会報が届いたので見てみたのですが、他の方の情報どおり300口の実績枠はそのままで抽選枠のみに最優先を導入するとの事。

これってむしろ改悪じゃないの?
ってか約1%の金持ちは取り放題システムをそのままって・・・そこはそんなにいじれないものなのかね?


実際やってみないとどうなるかは分からないけど、残り200口に貧乏人がイナゴのように群がって最優先で外れた人は1頭も出資出来ないんじゃないの?
最優先を上手く行使できないと一般抽選はかなり厳しい確率になりそうですしね。
1頭も出資出来ない出資難民が続出しそうな感じです。

特に人気しそうなロードカナロア産駒なんて鼻っから諦めた方が良さそうですね。
どこに最優先を使うかがカギになりそうです。

あと実績枠はそのままという事で金持ちとその他大勢との格差がさらに広がり2極化そうですね。
これから実績を積もうとする人は厳しそう。


さてさて自分はどーするか?



スポンサーサイト



またしても

昨日ロードブレイクの登録抹消が発表されたばっかしなのにまたしても不幸が・・・・


クナルゲニアールがCWの調教中ラチに左前をぶつけてしまったようで、外傷で緊急手術。
骨ではないところで緊急手術ということで嫌な予感はしていたのですが、橈側手根伸筋腱を断裂という事で登録抹消が決まりました。

言葉ではどういう状況だったのか分かりづらいですが気の悪さでも出したのでしょうか?

新馬戦で2着だったように能力はある馬だと思いますしまだ3歳ですから残念です。
しかしまた自分の出資馬に不幸が続くようになってきた。


あと今日またシルクの再募集が発表されましたね。
まあ当たる訳が無いとは思いますが、一応シーイズトウショウとスカイクレイバーは申し込もうと思います。

ロードブレイク登録抹消

本日ロードブレイクの更新があって先週のレース後、右前の骨折が判明。
全治3~6か月ほどなのですが登録抹消と発表がありました。


この馬は地方からの出戻りで復帰後は13着-4着-8着-5着-14着と微妙な成績だったのですが、勝ち上がる事が出来ず非常に残念です。

これでロードの現役出資馬は2頭。
ロードプレミアムとロードダヴィンチを残すのみとなりました。
ロードとは個人的に相性が良くないので退会を考えているのは何度かブログに書いていて、今年2歳馬の出資は今のところ0頭。

あと1頭(おそらくプレミアムが先)引退すると1頭のみの為に会費を負担する事になるのとポイントが残っているので未だに出資をどうするか悩んでいます。ダヴィンチ次第かなと思っていましたけど今のところ微妙な感じ・・・さてさて(´・ω・`)


シルクの追加募集で改めて感じたこと・そして気づいたこと

今週は3頭出走でそれぞれ力が入りますね。
G1出走のレッドアヴァンセは勿論のこと、早く初勝利が欲しいブライトクォーツ・レッドプリモ。
特にブライトクォーツは惜しい2着が続いてますから早く1勝を挙げてほしいです。


さて一昨日シルクの追加募集の結果が出た訳ですが、改めて感じたことや気づいた事があるので日記にしてみました。


まずボーダーと抽選に回った人の割合です。

ポーレンの16 1,278,000円 1,112口 うち抽選812口(約73%)
アンプレヴーの16 500,000円 510口 うち抽選210口(約41.2%)
ジュエルオブザナイトの16 494,000円 600口 うち抽選300口(50%)
ラフィントレイルの16 1,608,000円 1,118口 うち抽選818口(約73.2%)
アウトオブザウィムの16 418,000円 524口 うち抽選224口(約42.7%)

これはあくまでも口数なので会員の人数で換算する場合、実績組は複数口申し込みが多いというか殆どだと思われますので、ポーレンを実績で取れた会員は20%以下で80%以上の会員は抽選に回ったのでは無いかと想像できます。
一番取りやすかったアンプレブーやアウトオブザウイムあたりでも半分の会員は抽選に回ったのではないでしょうか?


そして実は自分ポーレン惜しかったんじゃかいか?と思って実績を調べてみたら大体100万位だったんですよね。(全然おしくない?)

その実績だとアンプレブーやアウトオブザウイムも申し込んでたら取れた事になります。


もしかして自分って実績上位かも・・・・


なんて言ったら

((´∀`*))ソンアアフォナ ヶラヶラ

って笑われるかもしれませんが・・・・少なくとも会員の上位30%には入ってそうな感じがしますw


もう少し調べてみましょう。

今年の一次募集で取れた実績100万以下の馬です。

スイープトウショウの16  740,000 762口(462口 60.6%)
モシーンの16  570,000  543口(243口 44.8%)
キーオブライフの16  886,000 828口(528口 63.8%)
ブラックエンブレムの16  506,000 575口(275口 47.8%)
アンティフォナの16  482,000 541口(241口 44.5%)
シルクユニバーサルの16  914,000 806口(506口 62.8%)
メジロフランシスの16  684,000 684口(384口 56.1%)
ユキチャンの16  584,000 532口(232口 43.6%)
ヴィヤダーナの16  972,000 931口(631口 67.8%)
スカイクレイバーの16  672,000 560口(260口 46.4%)


実績上位の人は複数口いっている割合が多い事を考えるとやっぱり実績100万は上位30%位だと思われます。
更に言うと実績が60万が全会員の平均実績じゃないでしょうか?
出資は1口を数頭に年15万~30万円位の出資者が多いというのが想像できます。

今まで自分は上ばっかり見てシルクの抽選システムに色々ブログで言ってきましたが、上なんてホント少ないんだなと初めて気づきました。



更に見ていきましょう。

一次募集で200万前後の実績が必要だった馬だと
プリモスターの16  2,062,000 1,516口(1216口 80.2%)

口数だけで上位20%しか出資できない計算なので会員数ではおそらく10%位でしょうか?

一次募集で一番実績が必要だった馬。
サマーハの16  10,600,000 2,122口(1822口 85.8%)
一番応募口数を集めた馬
ロザリンドの16  5,972,000 2,838口(2538口 89.4%)

このあたりだともう想像出来ませんが出資出来たのは殆ど5口以上1頭に出資する人だと思われるので、実績で出資出来た会員は上位5~60人かもしれません。


纏めると
何でも取れる層 上位1%
実績200万以上 上位10%
実績100万以上 上位30%
実績60万以上 上位50%
実績60万以下 残り50%

というような割合になっているのではないかと予想出来ます。
ある程度実績が効いてくる200万以上の層が意外に少ないという印象ですね。
そして実績制の恩恵をあまり受けない層が70%、全く実績で取れない層が約半分ですからこれはあっちこっちで不満が出て当然でしょうね。

平均的会員では今年の一次で4頭しか取れませんし、実績100万だと即満になった馬の内10/27頭しか取れません。
今年の1歳募集では更に即満馬も増えるでしょうし、口数もボーダーも更に厳しくなるでしょうから実績100万はゴ○同然です。
さらにキャロットが年内で満口になったようにシルクも今年の1歳募集は年内には殆ど満口になるでしょうから様子見も出来ないでしょう。

そうなると実績100万位かそれ以下の会員は1頭も出資できなくなり退会という流れになるのかなぁと・・・
やはり今年か遅くとも来年までには最優先制度を導入するとか頭数制限するとかシステムを変えてほしいですね。それが互いの為のような気がします。







シルク2017年度第2回追加募集 抽選結果

昨日発表されたシルクの追加ですが、追加募集にしては今までにないほどの売れ行きで来年以降は一体どうなってしまうのか大変不安です。

ではでは誰も興味ないかもしれませんが・・・




結果発表!!










結果発表


ポーレンの16 ×
ジュエルオブザナイトの16 ○(実績)
ラフィントレイルの16 ×



現在出資中の所属馬の欄にはジュエルオブザナイトの16のみ追加され出資が確定しました(^^;
実績のボーダーが494,000円だったので実績での確定です。
他の2頭は約25%の抽選に外れて出資出来ませんでしたorz


という訳でまた牝馬に出資してしまいましたw

これで2016年産の出資馬は牡馬3頭:牝馬7頭と更にバランスが崩れてしまいました。


こうなったら自棄になってもう一頭牝馬に出資してやろうか・・・とかは考えてません(´・ω・`)

出資馬確定

今日シルク追加募集の結果が早々に出てブログや掲示板などではちょっと盛り上がっているみたいですね。
ラフィントレイルの16とポーレンの16は1100口は超えたようですが、思ったより最後伸びなかったかな?



そんな中自分の出資馬が確定しました。

確定した馬は・・・・・・・









・・・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・













・・・・・・・・・・・・・・





シェーンフレール16(レッドパルテール)

です(;・∀・)



      東サラか~い!!
(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ



この馬は当初から馬体のバランスはいいし動きも良好なのでずっと出資するつもりで様子を見ていました。
様子見中のコメントなんかも良さそうで、案外早くから始動出来そうなのもいいですね。
昨日「満口間近」の表示が出たので予定通りぽちっって今日の段階で「満口間近」の表示は変わらないので出資確定です。
ご一緒の方よろしくお願いいたします。




また牝馬に出資してしまった訳ですがw
シルクの方の抽選結果は如何に・・・・それは次の日記で。













シルク2017年度第2回追加募集申し込み

牡馬不足を解消すべく、昨日まで散々悩みに悩んだ末以下の馬に申し込みしました。



*ラフィントレイルの16
*ジュエルオブザナイトの16
*ポーレンの16



ってやっぱり牝馬混じっとるやないけ~!!



申し込みの理由等ですが、
ラフィントレイルは気になる部分はあるものの、動きは能力はありそうですし夢を見れそうなのもこの馬のような気がします。
早期入厩も示唆されておりますのでまず1番に出資申し込みをしました。
続いて申し込んだのが牝馬のジュエルオブザナイト。
もう牝馬は・・・と思ってたんですけど馬体や血統を見ると走りそうな気がしてきて申し込んでしまいました。
最後に悩んだのがポーレンとアンプレヴーの2頭。
片方は馬体重が重すぎる、もう片方は軽すぎるの二択だったのですが、軽いより重い方がダートで潰しが効く・価格が500万安い・血統的はポーレンの方が魅力がある等の理由でポーレンを選択しました。

ラフィントレイルとポーレンは厳しい抽選になりそうですがどちらか1頭は確保したいところ。
ジュエルオブザナイトは実績で取れるかも?


しかし6頭中5頭が満口とはシルク売れすぎですね。
今年の1歳募集は様子見不可くらいに思っておいた方がいいかもしれません。

NHKマイルカップや夏来る

暦の上では夏でございます。

今週は7頭が出走した訳ですが、その中でグローリーヴェイズが京都新聞杯、レッドヴェイロンが1勝馬の身でNHKマイルカップに挑みました。



まずはグローリーヴェイズの方から回顧





スタートは普通。
道中は内でじっとしたまま、4コーナくらいでやや外に出そうとするのですが・・・
最後の直線では真ん中あたりを突こうとするのですが、出るところが無く追い出しを待たされる格好になり、空いたときはかなりいい脚を使ったものの先に抜け出された馬達を交わすことは出来ずに4着と敗れてしまいました。
今回は内枠が仇になった感じでした。
今後は一旦放牧して自己条件かラジオNIKKEI賞あたりを目指すのでしょうか?
重賞を勝てる素質は十分だと思いますので、一回り成長して帰ってきてほしいですね。
(まだ放牧と決まった訳ではありませんが)








続いてレッドヴェイロン





今回スタートはあまり良くなく中団やや後ろにつけます。
4コーナーで徐々に進出していき最後の直線へ
直線では外に出して追い出すとかなり良い伸び方・・ひょとして
坂を上ってきても勢いは落ちないのでこのあたりで勝てるのではと夢を見ましたが、外からさらにケイアイノーテックが伸び1着。
先に抜け出したギベオンにもほんの僅か届かず3着という結果でした。

またしても惜しい所で重賞初制覇はなりませんでしたorz
賞金を加算できなかったのも痛いです。
敗因としてはスタートと外枠ですかね?
しかしこのメンバーでも十分やれる事は証明できましたし、まだまだこれからの馬だと思いますので期待しています。





そして前の日記で注目馬にあげたレッドオルティスはなんと11着でした。
前走あれだけ離されたタイムオーバーだったので今回ダート1400mに代わって苦戦が予想されたのでいい意味で予想を裏切る結果となりました。
個人的見解としてもう少し距離を伸ばせば追走も楽になりますのでダート1800m位なら掲示板に入れる可能性もあるのではと思っています。
とはいえまだまだ厳しいのは変わりません。



そしてその他4頭ですがヴァンクールシルクレッドウィズダムが勝ちました。
ヴァンクールシルクはここだと勝って当然の馬だと思いますし6月にはまた降級しますので今後期待しています。
レッドウィズダムはようやく軌道に乗った感じですが、昇級してどうなのか?次走が試金石になりそうです。




さて話は変わってシルクの追加ですが、かなりの売れ行きですね。
5頭はほぼ即満でしょうし、ラフィントレイルとポーレンはかなり厳しい抽選になりそうな感じです。

さっき申し込みを済ませたのですが、その件は次の記事にて・・・


*記事を書くとき間違って追記のところに書いてしまうという凡ミスを犯してしまいましたので再編集しました。

2017年度第2回追加募集検討②

今週は重賞2頭を含め大挙7頭出走します。
グローリーヴェイズは尾関調教師のインタビュー記事なんかを見るとダービー出走には拘っていないようですね。
出資者としてはダービーへ・・・と思いたいところですが、調教師等陣営の判断が一番ですので仕方ないです。
あとはNHKマイルカップに出走するレッドヴェイロンと初戦タイムオーバーのレッドオルティスが注目です。


さてシルクの追加募集ですが考えが二転三転して纏まらないので、記事にして考えを纏める為の材料にしたいです。


ポーレン
・馬体バランスはいいし動きなどにも欠点は無さそう。
・早期始動というタイプではない。
・馬体重は心配。
問題は馬体重だけ。大きい馬は故障もそうだけど喉鳴り等のリスクは増す。但しダートで潰しが効くというメリットもある。

アンプレヴー
・現時点の動きは良く早期始動出来そう。
・馬体重が軽め。
早めに勝ち上がりそうなイメージはあるものの、3歳戦や古馬になってから斤量を背負わされて頭打ち・・・なんてこともあるかも。
あと某・・・おっと危ないw

ジュエルオブザナイト
・血統的には一番。
・牝馬。
とにかく牝馬なのが惜しい。あと少し値段はあやしいかも。

・ラフィントレイル
・横から見た馬体はいいが動画で観ると少し繋ぎが立気味で短め?
・調教のタイムは出ていて早期始動出来そう。
・坂路動画では後半頭を上げる、シャドーロールはそれを抑えるための着用か?
・一番人気?
この馬体でディープ産駒なら100%申し込まないけどブラックタイドはディープと全兄弟でも馬体が違うから問題ないだろうという結論に。
ただ別のところが気になりだして・・・小さな問題かもしれない。

アウトオブザウィム
・綺麗でいい馬体なのに繋ぎだけかなり短い。
・動画は悪くないけど目立っていい感じでも無い。
とにかく繋ぎの短さが気になる。繋ぎの短い馬で活躍馬ってあんまし居ないイメージ。

アグネスターフ
・馬体は牡馬にしてはトモが小さい。
・動画をよくよく見てみると前脚にもリスクありそう。
・あんまり人気無さそう。
結構穴っぽいと思って見ていたけど人気無さそうなので様子見できそう。
現時点ではリスクありかも。



アンプレヴーも候補だったけどあの馬体重では個人的出資基準から外れます。
そう考えるとポーレンも外さないといけないんだけど軽いより重い方がまだ成績はいいのかなと。
普通に考えたらラフィントレイルだけど頭の高さや繋ぎ等が気になりだして・・・うむ(´・ω・`)





プロフィール

けーいち

Author:けーいち
一口馬主はじめましたけーいちといいます。

加入クラブ
・東京サラブレッドクラブ
・シルクホースクラブ
・ロードサラブレッドオーナーズ
・キャロットクラブ


更新頻度
・気が向いたら
・募集馬のカタログが来たら


よろしくお願いいたします。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター