FC2ブログ

2016振り返り(3歳馬・古馬編)

昨日は嬉しいニュースと悲しいニュースがありました。

嬉しいニュースの方は地方から出直しとなったロードセレリティが年内2勝目をあげ中央へ復帰する事が決まりました。
地方の中ではレベルの高い南関東で2勝したので中央500万でも十分勝負になると思われます。
あとはどの厩舎へ入厩するかですね。


悲しいニュースの方はパールズシャインが骨折してしまいました。
左前種子骨骨折ということで今のところ早くて6か月以上とのこと・・・・勝ち上がりにはかなり厳しい状況となってしまいました。
長引くようだとこのまま引退も考えられます。
とりあえず詳しい検査報告を待ちたいと思います。



では2016振り返りを


東サラ
〇レッドアヴァンセ(2016成績2-0-0-5 総合成績2-2-0-5)
牝馬3冠レースすべてに出走してくれました。
来年もエースとして頑張ってほしいです。

△レッドウィズダム(2016成績1-0-1-5 総合成績2-0-1-8)
後半は調子を落としてしまいました。
春は重賞ホースといい勝負をしていたので来年は調子を戻して上へあがってほしいですね。

△レッドイグニス(2016成績1-2-3-2 総合成績1-2-3-2)
ボーンシストでデビューは遅れたものの年8戦してくれました。
今後もボーンシストを気にしながらと思いますが、まずは500万卒業してもらいたいです。

×レッドエトワール(2016成績0-0-0-4 総合成績1-0-0-4)
今年は1勝どころか掲示板にも入れませんでした。
新馬戦勝った時は期待したのですが・・・・
個人的にダートは合わないと思うのですがここ2戦ダートを使われています。

△レッドアマビリス(2016成績1-0-0-1 総合成績1-0-0-3)
春ダート替わりで勝利してこれからというときに骨折してしまいました。
今は本州に帰ってきたので来年の飛躍を期待します。

△レッドリーガル(2016成績1-0-2-3 総合成績2-0-2-7)
デビュー勝ちがダートだったことからダートをずっと使われていたのですが結果が出ていませんでした。
今年の夏芝短距離に矛先を向けるとそこから成績が安定、2勝目も上げることが出来ました。
元々稽古では動く馬だったのでようやく能力が発揮できる条件を見つけることが出来たということでしょうか?
1000万クラスでも十分通用することを前走でも見せたので頑張ってほしいです。


シルク
▲アルジャンテ(2016成績2-0-0-2 総合成績3-0-0-3)
春先は今一だったのですが、立て直して秋には2連勝で準オープンまで上がってくれました。
この調子でオープンまで突き進んでほしいですね。

×ジュメイラリーフ(2016成績0-0-2-3 総合成績0-0-2-4 未勝利引退)
勝ち上がると思ったのですが気の悪さから勝ち上がれず、最後には屈腱炎を発症して引退してしましました。

×ショットガンニング(2016成績0-0-0-1 総合成績0-0-0-1 予後不良)
デビュー戦で故障を発生し予後不良となってしまいました。

△レーヌドブリエ(2016成績1-2-0-4 総合成績3-2-3-9)
今年降級後もなかなか勝ち上がれませんでしたが、10月にようやく勝ち上がれました。
能力的には1000万でも通用するのではと思います。
見た目は華奢ですが、コンスタントに使えているのでこの調子であと1年3か月こつこつ頑張ってほしいです。

△ディグニファイド(2016成績1-1-2-3 総合成績2-3-3-10)
大きな馬体を持て余し気味だったのですが、今年に入って少しづつ力がついたのか成績が安定してきました。
そして10月にようやく2勝目を挙げてくれたのですが・・・・
気の悪さも出し始め最終戦はゲートで暴れて除外となってしまいました。
今後もゲートとの闘いになりそうです。

▲トレジャーステイト(2016成績2-0-0-5 総合成績2-1-0-6)
中央からの復帰して5着4着のあと2連勝してくれました。
これは!!と期待したものの何故か上の条件では着外が続いています。
能力的に1000万で通用してもおかしくないとは思うのですが・・・・
次戦ダート1400mでダメならば芝を試してみてほしいところです。

△メモリーレーン(2016成績1-0-0-5 総合成績2-2-0-14)
今年奇跡的に?500万下を勝ってくれたのですが、1000万に上がると惨敗を繰り返しています。
来年の3月で牝馬はファンド終了期限なのでもう引退かと思ったのですが、まだ最後に走らせるようですね。
この馬の場合怖がりな気性の為、逃げないと仕方なく1000万だと楽に逃がしてくれません。
かなり厳しいとは思いますが引退レース頑張ってください。

ロード
△ロードプレミアム(2016成績1-2-0-3 総合成績1-2-0-4)
直線伸びきれないレースがずっと続いていましたが、喉なりが判明し手術となりました。

×ロードセレリティ(2016成績0-2-1-3 総合成績0-2-1-3 地方で2勝し中央再登録)
勝ち上がれると思ったのですが勝ち運が無く最後のレースはソエを無理して惨敗、地方からの再出発となりました。
昨日大井で2勝目をあげ中央復帰が決まりましたのでこれからの活躍に期待します。

×ロードグリッター(2016成績0-1-1-8 総合成績1-2-1-15)
春先はまだ調子良かったのですが、秋は惨敗続きで厩舎から見放されてしまいました。
しかし惨敗といっても展開に恵まれなかったり無理に逃げたりと敗因はあるのでもう少し見たかったというのが正直なところです。
前にも書いたのですが転厩をいう選択肢は無かったのか疑問です。

×ロードアルティスタ(2016成績0-0-0-1 総合成績0-0-0-4)
園田でなかなか勝てず中央復帰するのに10戦を要したのでは厳しかったと思います。
中央ではわずか1戦で再び骨折・・引退となりました。

△デルフィーノ(2016成績1-1-0-4 総合成績3-3-2-10)
今年も頑張っては居てくれるのですが、期待値ほどの成績を収めることが出来ませんでした。
この馬は期待が大きかったので期待値とのギャップを感じてしまいます。
ラストランはおそらく東京の中距離戦と思われます。
なんとかラストを勝利で飾ってほしいですね。


追記(キャロット忘れてたw)
キャロット
ジーニアスダンサー(2016年成績0-0-0-4 総合成績0-0-0-4)
中央での4戦は見せ場も無く未勝利で終わってしました。
今は名古屋で走ってます。


そして今年個人の総合成績は

120戦17勝 勝率14.2%
(昨年70戦7勝 勝率10%)

昨年に比べると大きく成績を伸ばしました。
今年は牝馬3冠レースにすべて出走する馬も出て得た賞金等も3倍近くになったのですが、重賞には手が届きませんでしたし出資馬の最高クラスはまだ1600万条件です。
来年は古馬でのオープン馬を輩出し重賞も勝利したいです。
スポンサーサイト



2016振り返り(2歳馬変)

世間的には大一番の有馬記念を残しているのですが、昨日レッドの2頭(イグニス・エトワール)が出走して個人的に今年の競馬日程は終了致しました。

そこで今年も反省等も含めて2016の振り返りをしたいと思います。

まずは2歳馬


東サラ
▲レッドエレノア(0-1-0-2)
デビュー2戦の芝ではフケやら仕上がりの問題もあって結果を残せませんでしたが、ダート変わりの3戦目は2着にきました。
今はちょっと馬房で顔あたりを怪我しているようですが、次あたりで勝ち上がれそうな感じです。
個人的にはまだ芝でも・・・とは思っているのですが、今後もダート中心に使っていくのかもしれません。

▲レッドミラベル(0-1-0-0)
まだ1戦のみですが新馬戦で2着に入りました。
正直南Wの動きを見ると厳しいのかと思っていたのでうれしい誤算です。
実戦向きなのかもしれません。
次戦がいつになるか分かりませんが早めに勝ち上がってほしいです。


シルク
〇ヴァンクールシルク(1-0-0-2)
初戦5着のあと2戦目できっちり勝ち上がりました。
3戦目の500万特別では5着と大きくは崩れないもののジリジリとしか伸びない印象の馬です。
次戦はダートを使うような感じなのでダートで変わるのか?
馬体重がなかなか絞れないというかかなり大きく成長したのでダートの方が良い可能性はあると思います。

〇リゾネーター(1-0-0-1)
初戦はエピカリスから大きく離された4着のあと2戦目で変わり身を見せ勝ち上がりました。
この馬を購入したとき個人的には芝向きだと思ったのですが、結果ダート馬として使われてますね。
まあ実際細身だった体も筋肉質になってきて幅も出てダート向きの体に変貌したのかもしれません。
ただクビの使い方なんか見ると芝でもという思いはあります。

×パールズシャイン(0-0-1-0)
初戦は少し勝ち馬から離された3着でした。
跳びがキレイで大きな馬でもう少し距離があった方がよかったのかもしれません。
次は2200mらしいのでここで何とか勝ち上がってクラシック目指してほしい馬です。

【追記】
*12/26の更新で種子骨骨折が判明したとありました。
おそらく北海道に戻ってから詳しい検査かと思われますが、東サラでレッドアマビリスが7月に同じところを骨折したときには12月に本州移動となったのでパールズシャインもそれくらいは掛かると思われます。
現状勝ち上がりはかなり厳しくなったと言わざる負えません。


△ステイオンザトップ(0-0-1-1)
初戦は3着、2戦目は5着。
ソエを気にしているのか気性的問題なのか直線伸びきれませんでした。
出遅れ癖もあり気性的に難しいのはヘイロークロスの影響かもしれません。
ただ能力はある馬だと思うので今後の成長に期待したいところです。

×ブライトクォーツ(0-0-0-3)
初戦はまず合わないだろう芝1200mに出走して13着
2・3走目はダート1800mで6着8着でした。
正直ダートもスタートが良くないこの馬にはあまり合ってないような気がします。
正直レースのチョイスには疑問だらけです。
やはりこの厩舎に出資してはいけなかったのか?
(あるいは単にこの馬の実力なのかもしれません)
スピードの無い馬だとは思うので芝の未勝利で長めの距離を試してほしいと思うのですが、こればっかりは1出資者がとやかく言ってもどーにもならないので見守るしかないです。


ロード
×ロードブレイク(0-0-0-1)
初戦は大きく出遅れて6着でした。
坂路の動きから能力はありそうなんですが、気性が全くダメダメのようです(T_T)
カタログ写真では目立たなかったのですが、その後更新された画像ではかなり目つきが悪いですね。
ノーザンの育成だとそういう馬でもある程度矯正できるのかもしれませんが、ロードのような中規模牧場では厳しいのかもしれません。
あと9か月気性の矯正がカギになりそうです。

×イノセントデイズ(未出走)
もうすぐ入厩と思われた8月に骨折してしまいました。
骨折前は素質を褒める反則販促コメントがあったのですけどね・・・
現在は軽く跨って運動しているようですが、まだまだデビューには遠い印象です。


キャロット
×キャノンショット(未出走)
この馬ももうすぐ移動かと勝手に思った頃に喉なりが判明し手術しました。
現在は普通の調教メニューに戻っているようですが、移動は年明けになりそうでこのままだと新馬戦に間に合うか微妙なところです。
この馬は自分の想像以上に大きくなってしまいました。
正直芝ではもう難しいかもしれませんね。



現時点での2歳馬評価は

◎・・・0頭(オープンクラス)
○・・・2頭(勝ち上がり)
▲・・・2頭(もうすぐ勝ち上がりそう)
△・・・1頭(今後の成長で勝ち上がり期待)
×・・・5頭(現状厳しい・未出走)


今年は去年より若干厳しいかもしれません。
今年は新馬戦の勝ち馬も居ません。
とりあえず勝ち上がり率6割をノルマに頑張ってほしいです。


シルク2016 第1回追加募集検討

昨日シルクで検討会&追加募集のお知らせがありました。

募集検討会の方は基本売れ残りを褒めるしかないので・・・ですが、やはりディープ2頭は動きがいいですね。
メジロツボネの方は特に好みですが肝心の馬体重が分かりませんでした。
もうすぐ満口になりそうなのでどうするか数日で結論出さないといけませんね。


さて恒例というか今年も追加募集がありました。
今年は〇外無しでノーザンファーム生産馬も無しです。
円安で〇外は募集しにくいんですかね?

という訳で検討


ハッピーメールの15
性別 牡
厩舎 萩原清厩舎▲
募集価格 2,000万円
生産牧場 久井牧場
誕生日 2015.2.6生
父 サウスヴィグラス△
母父 キングカメハメハ?
5代内クロス 
Mr. Prospector 12.50% 4 x 4▲
母親年齢 7歳時
測尺 体重485 体高159 胸囲186 管囲20.5 体重/体高3.05
予想馬体重 480kg~500kg
母自身は未勝利で産駒は兄が中央1勝
父と母父の組合せはまだ走って無いもののいかにもダートという感じ。
クロスあるなしはあまり関係なさそう。
厩舎成績はいったって普通もこの馬には合ってそう。
馬体は後ろに重心があるような印象。
動画で動きはスムーズで癖は無いけど飛節は伸びないかんじ(でいいのかな?)
馬体重は理想的な感じになりそう。



アヴェニューズレディの15
性別 牝
厩舎 黒岩陽一厩舎×
募集価格 1,800万円
生産牧場 折手牧場
誕生日 2015.5.22生
父 ロードカナロア?
母父 Avenue of Flags?
5代内クロス 
His Majesty、Graustark 6.25% 5 x 5?
母親年齢 14歳時
測尺 体重437 体高154 胸囲177 管囲19.5 体重/体高2.84
予想馬体重 440kg~460kg
母の産駒は今のところ1勝が最高で結果は出ていない。
厩舎は5年目で今のところリーディング下位。
馬体は横から見ると繋ぎの角度が良く長めで全体のバランスも良さそう。
動きを見ると踏み込みはしっかりして良さげだけど前後から見るとリスクがありそう。
馬体重は牝馬の平均位。



アビの15
性別 牡
厩舎 石坂正厩舎◎
募集価格 3,000万円
生産牧場 笠松牧場
誕生日 2015.5.31生
父 ロードカナロア?
母父 Chief's Crown?
5代内クロス 
His Majesty、Graustark 9.38% 5 x 4?
Northern Dancer 9.38% 5 x 4?
Secretariat 9.38% 5 x 4?
Miss Carmie 9.38% 5 x 4?
Bold Ruler 6.25% 5 x 5?
母親年齢 20歳時
測尺 体重495 体高160.5 胸囲184 管囲20.5 体重/体高3.08
予想馬体重 510kg~530kg
半兄はディープスカイもそのあとに生まれた産駒は1勝が最高。
配合の詳しい事は分からないけどインブリードの強い母に更に父の母からセクレタリアト他を重ねて母を強調した配合になっているような感じがする。
厩舎は一口出資者にとって最高な厩舎の一つだけど牝馬の方が強い印象。
母高齢は心配。
馬体バランスは悪くない。
歩様は踏込みもしっかりしていて前から見ても真っすぐ脚が出て癖は無い。
馬体は今でも大きいけど遅生まれなのでもう少し成長しそう。
去年募集された半兄の4500万に比べて今回の3000万はかなり安い印象があるけど・・・



タムロウイングの15
性別 牝
厩舎 橋口慎介厩舎△?
募集価格 1,600万円
生産牧場 宮内牧場
誕生日 2015.3.27生
父 ディープブリランテ?
母父 ブラックホーク?
5代内クロス 
Nureyev 15.63% 5 x 3?
母親年齢 歳時
測尺 体重416 体高152 胸囲177 管囲19 体重/体高2.74
予想馬体重 406kg~426kg
母自身は3勝で現2歳の兄は今のところ勝ち上がっていない。
父は現2歳が初産駒で今年阪神JFに3頭出走。
厩舎は1年目。
この馬も馬体バランスは良いと思う。
歩様もスムーズで変な癖も無い。
馬体はやや小さめで管囲も細め。



悪くはないけど決め手に欠けるというか・・・
現時点で買うとしたらアビだけど他も含めて出来るだけ様子見したいので今回先行ではパスします。


よーすみ

今日ロードの更新でロードグリッターの中央競馬の登録を抹消するとの報告がありました。
ここ3戦二けた着順が続いていたので厩舎サイドとしてはこの馬に馬房枠を開けておく訳にいかないと判断したのでしょう。

厩舎サイドの判断自体は確かに間違ってはいないのだと思います。
藤岡厩舎はここ数年リーディング20数位あたりに付けている厩舎で今年はG1を2勝もしています。
他にも有力馬は居るでしょうし現2歳馬をこれからはどんどん使っていかなければならないでしょうからそこはしょうがない部分はあると思います。

でもクラブサイドの判断はどうなのでしょうか?
開業して数年しか経っていない厩舎や関東の中堅以下の厩舎等は思うように馬が集まらない厩舎もあるだろうし、転厩を考えても良かったのでは?
実際ロードグリッターの成績はここ3戦振るいませんが、動き自体は悪くなかったですし展開に恵まれなかったり明らかにおかしな騎乗で負けたレースもありました。
4歳の冬での登録抹消は少し早すぎる気がします。
自分は所詮一出資者でしか無いのでここで何を言ってもどーする事もできませんが・・・・



と長い前置きの後にもっと長い本題


年末を前にここで追加出資候補・・・つまり様子見馬をまとめておきたいと思います。

東サラ
今年は全体的に良さげな馬が多くて目移りしてしまいます。
まだまだ残口ありの馬が多く積極的に様子見をしたいですね。

・フェアリーバラード15(出資したい度10%)
ヘイロークロスの濃いディープ産駒は重賞勝ち馬が多く、この馬は3/4ダノンバラードと同血です。
馬体も成長してきているようなので問題ないでしょう。
厩舎は藤沢厩舎なので出資するにはある意味賭け?
東サラの某馬を見るとかなり放置が激しいようなので師の御眼鏡にかなうかどうかがカギになりそうです。

・レッドガナドーラ15(出資したい度10%)
同じくディープ産駒でこちらは牝馬です。
一次はかなり出資したかったのですが、育成が社台ファーム予定から木村厩舎→ジョイナスファームと変わっていきました。
雪のある北海道より本州の方が利点もあるのでしょうが正直ジョイナスファームというのはどうなんでしょうか?

・ジューシージーン(出資したい度10%)
一時期は追加出資最右翼だった時期もあったのですが・・・
馬体バランスは相変わらず良く見えます。
しかし馬体バランスとオルフェ産駒という以外の要素がまるで見つかりません。
募集時からはかなりテンションダウンです。

・エンプレスティアラ15(出資したい度25%)
先日見学した馬です。
馬体もいいし馬格もある。
今のところコメントもいいし早期デビューできそう。
本来ならばもっと出資したい度が上がるのですが、今年はロードカナロア産駒に3頭出資しています。
正直カナロアはお腹いっぱい状態ですw
それでも走ると確信すれば出資したいのですが・・・・

・リーチフォーザムーン15(出資したい度5%)
トモに見どころがありそうなのですが、どうも前に違和感を感じます。
厩舎もギャンブル要素が大きいですしどうでしょうか?

・アウトオブタイム15(出資したい度15%)
ゴールドアリュール牡馬なのは良いと思います。
育成も順調そうです。
ただ現時点でやや小さめなのでまだまだ様子を見たいです。
最近の画像だと目つきが悪いですね。

・ツインテール15(出資したい度5%)
ディープ牡馬にしては安いと思います。
ただ馬体は現時点で小さく軽い頓挫もありました。
厩舎は信頼できる所だと思うのですが・・・

・レッドヴァージン15(出資したい度10%)
一時期は出資に傾いてたんですけどね・・・
やはり近年勢いの無い厩舎で疑問が残ります。
残口僅かですので近日中に満口になると思われます。

・ショウダウン15(出資したい度5%)
ハーツは今年ねらい目の種牡馬だと思います。
この馬に関してはまだ小さく成長待ちという感じでしょうか?
育成はノーザンファームなのですが生産が違うのでどうでしょうか?

・マンボスルー15(出資したい度20%)
この馬もハーツ牝馬です。
こちらは馬格の心配はなさそうです。
兄に去勢馬が多いので気性はかなり心配です。

・ビジュアルショック15(出資したい度20%)
今ではオルフェ産駒牝馬ではこちらの方が(ジューシージーンより)出資したい度高いです。
馬体バランスは悪くないのですが厩舎も血統も普通で決め手に欠けるというところでしょうか?

・デルモニコキャット15(出資したい度10%)
気のせいか同じヴィクトワールピサ産駒のヴァンクールシルク(出資馬)に似てきたような気がします。
ボリュームのある馬体で堅実性は高そうな気がします。
ただ厩舎は個人的相性が最悪で自分が出資したら不幸が起こりそうで怖いですw


キャロット
わざわざキャロットの欄を作ったのですが、もう殆ど売れてしまって残ってる馬にあまり興味が沸かないので99.99%追加出資する事は無いと思います。

シルク
シルクはキャロットに比べまだ馬が残っています。
しかも残り物に福(活躍馬)があるシルクですから積極的に様子見します。

・メジロツボネ15(出資したい度20%)
見学馬です。
馬体はやや小さいのですが、魅力はある馬だと思います。
血統面ではリファールのクロスがあり5代以上遡ればノーザンダンサーの血も濃いです。
今年ノーザンファーム産の募集馬は高騰したのですが、この馬はレイクヴィラファームの馬でセレクト出身なので比較的安いと思います。
もう残口が少ないので22日の検討会が終わると満口になってしまうと思われます。
出資するなら早く決断しないといけないのですが・・・

・シャルロットノアル15(出資したい度5%)
一応乗り味が良いとのコメントが出ているので様子見です。
厩舎は一部の馬以外振るいませんが、逆に言うと良い馬さえ預かれば走らせる力は秘めているのかもしれません。
馬格は理想的です。

・ツルマルワンピース15(出資したい度5%)
この馬も乗り味コメントが出てますね。
厩舎はG1でも10日競馬をするので批判が強いようですがどうでしょうか?
価格は手ごろだと思います。

・ペンカナプリンセス15(出資した度10%)
もっと安ければ出資したい度50%なんだけどね。
最近成長して筋肉の付き方も良くなって幼さが抜けてきました。
馬体バランスは良いと思います。
血統的にもリファールとノーザンダンサーのクロスの入り方が良いです。
問題は一口24万という価格。
この価格だと全兄程度の活躍では林家・・・・いや(;'∀')
ペイ出来ません!!((((;゚Д゚))))サムイガクガクブルブル

・アトマイテレサ15(出資したい度1%)
ある意味興味を持って様子見しています。
血統はアドマイヤラクティの全弟でいいです。
コメントも乗り味が褒められています。
でも大多数の人が気にしているであろう後ろ繋ぎの寝方・・・・
似たような繋ぎの馬に去年キャロットで募集されたムスターヴェルク(イグジビットワンの2014)が居ます。
この馬は育成中一頓挫あったのですが現在は乗り進められておりこの馬のデビュー戦次第では出資候補に浮上する可能性はあります。

・ケイティーズベスト15(出資したい度10%)
ハーツ牝馬で馬体自体は悪くないと思います。
母自身やその産駒が中央で勝ってなかったのですが、先週勝馬が出ました。
コメントから気は強そうです。

・ベルベットローブ15(出資したい度5%)
こちらもハーツ牝馬です。
血統的にも馬体的にも悪くは無いと思うのですが、全兄の戦績を見ると二の足を踏んでしまいますね。
まだまだ様子見出来そうですしゆっくり見ていきます。

・モンヴェール15(出資したい度3%)
一応様子見候補なのですが検討会前に満口になる可能性もありそうですね。
おそらく出資は出来ないと思います。


ロード
最後はロードです。
このクラブは残口もたっぷりあり様子見し放題なのですが、個人的にあまり積極的に様子見をする気が起きません。
上記前置きに書いた以外に育成レベルやクラブサービスその他もろもろクラブに対して不安や不満・不信感も出始めました。
もちろんノーザンファーム系クラブに比べるのは可愛そうなのは分かっているのですが、個人的相性も良くなく難易度が高いクラブだと思います。
正直もう今年はここで打ち止めにする可能性は8~90%あるクラブです。

そんな中でも一応様子見しようと思っているのが

・サッカーマム15(出資したい度7%)
やはりハーツです。
現時点では小さいですが、遅生まれなのでそっちの心配はしていません。
馬体バランスも動きも悪くないと思います。
厩舎はロードグリッターを預かっていた藤岡厩舎なので見限られるかも?

・アンビターブル15(出資したい度4%)
こちらはオルフェ産駒で残口が少なくなっています。
中内田厩舎は今年かなり成績を伸ばしている厩舎で一流厩舎になる可能性もありそうです。
馬体バランスは悪くないけど少し小さいです。

一頭追加しました。

11月は10月の好成績の反動か一勝もできませんでしたorz
12月はなんとか3勝して年間20勝の快挙?を達成したいです。



さて昨日一頭追加申し込みをしました。

申し込んだのは・・・



レッドファンタジア15


です。


申し込んだ理由としましてはまずディープ牝馬であること!

今年の出資馬を振り返ってみると、牡馬5頭・牝馬3頭で牡馬優勢。
その牝馬3頭のうち一頭は繁殖牝馬としての価値を含めて勝った馬が1頭(テディープロミス15)
白毛に出資したいから買った馬が1頭(ユキチャン15)
純粋に競争能力を見込んで出資した馬はアドマイヤエレノア15しか居ませんし、そのアドマイヤエレノアも馬代回収ならともかく重賞とか大きいところを夢見るというとそこまでは荷が重い気がします(と言っても走ってみなければ分かりませんが)

そこで回収率よりも大きいところを期待出来そうな血統の牝馬をまず補強したいと考え、現在余ってるディープ牝馬に狙いを定めていました。


となると東サラで残っている3頭(レッドガナドーラ・レッドファンタジア・レッドヴァージン)が候補となります。
3頭ともディープ牝馬としては他クラブより安く3頭とも出資したい気分なのですがお金には限りがあります(^^;

そこで3頭を比較するとまず馬格ではレッドガナドーラやレッドヴァージンに分がありましたが、ここのところファンタジアも馬体を増やしてきているのでそういう意味での心配も少なくなってきました。

血統面は全く分かりませんがレッドファンタジア15は相性の良さそうな組み合わせですし、他の2頭には劣ってないと思います。

厩舎は他の2頭は厩舎はクラブ馬で結果があまり出ない厩舎で心配ですし、生産・育成ではノーザンファームに分があると思います。

先日レッドファンタジア15を見学させてもらったのですが、その時の感触も良かったので出資しようと思っていました。
11月末のコメントが更新されると「満口間近」の表示が点灯したので出資申し込みしました。


ご一緒の方おられましたら宜しくお願い致します。
プロフィール

けーいち

Author:けーいち
一口馬主はじめましたけーいちといいます。

加入クラブ
・東京サラブレッドクラブ
・シルクホースクラブ
・ロードサラブレッドオーナーズ
・キャロットクラブ


更新頻度
・気が向いたら
・募集馬のカタログが来たら


よろしくお願いいたします。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター