今だから話すけど・・・

一口馬主を始めて5年・・・先週まで300回出資馬が出走しました。
その中であるジンクスがあったのです。

出資馬が出走するときに現場で観戦する出資者は多い(というより出来るだけ現場で見たい出資者が殆どでしょうけど)と思いますが、これまで自分が現場で生観戦して勝った馬は4頭

その4頭の共通点はずばり口取りの権利を持っていた事です!

つまり口取りの権利を持たずに観戦した馬はこれまで勝つことが出来なかったのです。
確かに勝つ可能性があると思わない馬は口取りの申し込みをしない場合も多いのですが、逆に人気になりそうなシルクや東サラの馬は口取りが外れることもあります。

現に単勝1番人気で観戦した馬が何頭も目の前で敗れていきました。

その中にはデビュー2戦人気で敗れたレッドアヴァンセ・レッドベルダ姉妹や単勝1.4倍で交流重賞に挑んだリゾネーターも含まれます。


皆さんブログに石を投げないで下さい!!


なので最近では阪神・京都開催なのにわざと現場で見ずにテレビ観戦することも多くなりました。
(逆にテレビ観戦しか出来ない東京や中山やローカル開催の勝ち数が多いです。)



しかし昨日そのジンクスがついに崩れました!!
目の前でロードプレミアムが見事勝利を収めたのです!!

いつかこのジンクスを破らないと一生現場観戦は出来ないなと人気も手ごろで比較的気楽に観戦できる日を選んで昨日阪神競馬場へ行ってきたのですがやっとウイナーズサークルの外から愛馬を撮る事が出来ました。


DSCN0552.jpg


これからは大手を振って愛馬の観戦に出かけたいと思います。
スポンサーサイト

シルク募集予定馬発表

詳細は下記URL
http://bosyu.silkhorseclub.jp/list2017Aw8tpdYZ/














とか言ってみる。

字面だけ見ると相変わらず豪華なラインナップですな。
ディープ&ハーツはどれも走りそう。
あとスイープトウショウも居るし兄弟に重賞ホースが居る馬も多い。
去年に引き続いてメジロフランシスの名前もありますね。全兄は流石に高すぎたけど牝馬に代わって安くなれば手が届くかも・・・

でも価格も厩舎も馬体も動画も測尺も分からない状態なので現時点では変な先入観を持たずに頭空っぽで挑んた方が良さそうです。
次は価格かな?

シルクツアー申し込みました

まずはキャンセル募集の結果から

東サラは当然のように2頭とも落選でした。
なんか当選者が結構多そうな気もしますが自分は安定の落選ですねw

あとシルクに関しては申し込みませんでした。
リビアーモの15(マグナレガーロ)は気になってたのですが、やっぱり高いのでやめました。


29日からシルクのツアー募集が始まりました。
今回は金・土・日それぞれ日帰りのツアーで一泊二日ツアーは無くなりました。
これは多くの人に来てほしいからでしょうか?
寂しい一人参加の自分としては泊まりは辛いので日帰りツアーは大歓迎です。

金曜日分が一番人気のようですぐに受付終了になってしまいました。
個人的には金曜日は会社休めないので一番人気は土曜日か日曜日だと思っていたから意外な感じです。
金曜日休める優雅な人が多いのでしょうか?

自分は土曜日のツアーに申し込みました。
申し込んだ時点では△マークが付いていてあと少しで終了でした。
とーぜん懇親会は申し込んでおりません(ああいう場ではポツンと浮いてしまう性格の為)


ツアーの後はその日のうちにすぐ帰るか、あるいは夜のすす〇野にでも繰り出して次の日札幌競馬場へ行くかちょっと考えてみます。

自分も便乗

昨日京都朱雀Sで3頭出しだったのですが、結果はその中で一番人気が無かったロードセレリティが勝利しました!
前走昇級戦で二けた着順ということで人気を落としていたのですが、前走は小回りの左回りで左に張る癖のあるこの馬には合っていなかったという事で個人的にはそんな差は無いと思っていたのですが、思った以上に強かったですね。
左回りでもゆったりとしたコーナー(東京)だと問題無いとの事なので次走は東京かもしれません。

1番人気だったレッドアヴァンセは伸びそうで伸びず4着
前残りの展開を予想して早めに上がっていったのかもしれませんが、それが最後の脚に響いた気もします。

3番人気だったレッドリーガルはいいところなく13着・・・もう少し積極的なレースをしてよかったのかも。


さて一口界隈では某有名ブロガーG氏に対してH氏が苦言を呈した件について話題に上がってるようです。
自分もそれに便乗してちょっと見解など述べたいと思います。

G氏がシルクで大量の51頭を出資した件について、「何十人の女性を一人で指名して囲んでいる
金満おじさんのよう」「在籍65名中、51名を突如指名した」と皮肉っています。

それに対して
「よく言った、自分も思っていた」
「節操が無い」
「出資馬全部の名前を覚えていない」
等のH氏に対する称賛や同意がある一方、

「ルールに則って買っているのだから問題ない」
「そんなことブログで言ってはいけない」
「僻みだ」
等、逆にH氏に対する批判もあるようです。


個人的意見としてまずG氏がシルクで51頭買ったのはルールに則ってやっている事だから問題無いのです。
本人がやりたければやればいいのですよ。
もし問題があるとすればシルクの出資制度です。
約1%の会員だけが好きな馬に何頭でも出資できる今のシステムはどうなのでしょうか?
実績制を採用している他クラブでは出資に制限がありますし何らかの制限を書ける必要があると個人的には思います。
だから本人は悪くは無いと思います。


ただそれが多くの人に共感が持てる行為なのか・・・・と言われると共感を持てない人が大勢いるのではないでしょうか?
自分もその大勢の中の一人です。
この件にしろその他ブログ等で色々やっているようですけど、何か違和感のようなものをいっぱい感じます。
ブログを見ての感想は人それぞれなのでしょうけど、それが批判的な多くの意見を生み出したのではないでしょうか?
G氏は本名も明かしていて正体も分かっているので、そういう部分でも共感は持ちにくいのだと思います。
まあ貧乏人の僻みと言えばそれまでかもしれませんがw
でもやはり自分は一杯出資出来るお金持ちより、ピンポイントで当たりを引けるブロガーさんの方に憧れるしそっちを目指したいですよね。



東サラ キャンセル募集申込

今日から東サラのキャンセル募集が始まりましたので早速申し込みました。



申し込んだのは2頭

レッドオールデン(リーチフォーザムーン15)
レッドラファーガ(ツインテール15)

です。


申込理由について

レッドオールデンは3月の動画を見てこの馬走りそうだと感じたからです。
もうその時点では満口になっていたので出資は叶わなかったのですが、今回キャンセル募集があったので申し込んでみました。
藤沢厩舎については色々言われていますが、一流厩舎には違いありませんし気にはしてません。

レッドラファーガはまだもう少し馬体に成長が欲しいですが、目に見えない心肺機能が高いとのコメントがありましたし距離をこなせそうなディープで厩舎も文句のないところなので申し込みました。



あとレッドランディーニ(レッドメデューサ15)をどうするか悩んでたのですが自重しました。
今年の出資馬、先行終了時は「牡馬5頭:牝馬3頭」と牡馬優勢だったのですが、牡馬1頭が亡くなってしまったり様子見していた牝馬を出資していくうちに「牡馬5頭:牝馬7頭」と比率が逆転してしまいました(^^;

今回ば牡馬だけ応募しておくことにします・・・・



あと今日シルクでまたキャンセル再募集がありました。
今回は頓挫してしまった馬を追加で募集するようですね。

しかしダイアトニック(トゥハーモニーの15)が125口!!
この馬に関しては当選後すぐにキャンセルが可能だったとはいえ、実に1/4がキャンセル再募集に回ったことになります。
まだ軽めにしか乗られてないので申し込んだらかなりの確率で当選しそうですね。

個人的にはリビアーモの15をどうするかだけ検討してみます。


プロフィール

けーいち

Author:けーいち
一口馬主はじめましたけーいちといいます。
初心者ですがよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター